スウェーデン旅行記@ストックホルム(12月17日)

12月17日:
スウェーデン滞在実質最終日。
朝食にシリアルをほんの少し食べてホテル出発。
11時前にエスキルストゥーナ行きの電車に乗らなくてはいけないので、
それまでまた観光らしきことやショッピングをしようと
地下鉄でまずはGamla stan駅へ。
予定では、前日に辿り着けなかった王宮へ行き
そこから中央駅近くにあるはずの、
いつもKentのCDを注文しているBengansの店舗へ行き、
あれこれCDを漁ってエスキルストゥーナに行くはずでした。

前日も上った石畳の狭い坂道を再び上ります。
石畳って長時間歩くの結構しんどい。

横断幕には大広場クリスマスマーケットと書いてあります。
前日見たノーベルアカデミー前のマーケットのことかもしれません。
そして、あちこち迷いながらも、この日はちゃんと王宮に辿り着けました。

衛兵交代なんかも見たかったけど
そんなゆっくりしている時間は1分たりともなかったので
急いでBengansに向かいました。
途中リクスダーゲンという連邦政府庁舎と公安局を通り抜けるのですが
この建物がなかなか素敵でした。

その横を流れる川が街中にしてはやけに急流だったのは何なんでしょう。
画像では分かりませんが中々の轟音でした。

リクスダーゲンを抜けて市街地を抜けているとこんなのがありました。
歩行者天国なんですね、この通り。

笑っとる。

そしてもう少し歩くと、噂のSystembolagetを発見。

これは政府が管理する酒類販売店です。
アルコール度数3.5%以上の酒類はこのお店でしか買えないそうです。
日本はジュースみたいに安い金額でどこでも売ってるのにね。
そうそう、フィンエアーで隣になったメタル好きのベルギーのおじさんが
「日本って巨大な瓶(ペットボトルの5リットル入くらいのやつ)でお酒安く売ってるよねー、信じられん!」
って驚いてて、いやあれはさすがに業務用だよと思ったけど
それでも普通のスーパーマーケットで売ってるというのは
彼らにしては驚くべきことなのかもしれません。

さらに歩くと、いつもお世話になっているラジオ局も発見。

ちょうどストックホルムにいるときに
ラジオでミュージックチャリティーみたいなのをしていて
アーティストがラジオのブースに来ている様子をTVで見たのですが、
もしかしたらここだったのかもしれません。
時間があればなー。

それはともかく、今歩いている通り沿いにあるはずのBengansが
幾ら歩いても見つからない、おかしい。
この通りで合っているのは間違いないのに…
人に聞いた方が早かったかも知れないけど
CD屋とか知らない人もいるだろうなーと思って自力で探しても中々ない。
店休みとかなくなったとかそんななの??と思い、
歩いてきた道をずーっと遡っていったら
何と先ほどのSystembolagetのすぐ近くにありました、Bengans。
通り過ぎてただけじゃん!!
何やってんだよ、酒屋の写真なんか撮ってる場合じゃなかったよ!!!

The LegendsとかESKOBARとかCD買い漁ろうと思ってたのに
店に入ってちょっと見て、すぐ出ていくしかなかったよ!!
KentのCDすら見つけられなかったよ!!

慌てて店を出て駅へ向かったつもりが
何か行ったり来たりし過ぎて良く分からないところに出てしまい、
信号で待っていたきれいなおねーさんに訊いて
何とかかんとか駅に到着も改札がどこにあるか分からないし(そもそもなかった)
階段上ったり下りたりして何とかエスキルストゥーナに行く電車見つけて
乗り込んだら即出発。
何とか約束の時間通りに到着できることになりました。
前日からろくに食べ物食べてないのによく頑張ったよオレ。

エスキルストゥーナ編はKentブログの方に書くことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です