「マダム イン ニューヨーク」「めぐり逢わせのお弁当」

KBCシネマで2本のインド映画を連続で鑑賞してきました。
まずは「マダム イン ニューヨーク
お菓子作りが大の得意で、バリバリのビジネスマンの夫を支え、
ちょっと生意気な娘とやんちゃな息子をとても大切にしている
良妻賢母のシャシは、英語が大の苦手。
旦那にも子供たちにも英語の発音が悪いと笑われ、
英語が話せないからと娘の担任との面談に行っても
娘に「恥ずかしい」と言われるほど。
そんなシャシの姪がニューヨークで結婚式をすることになり
その準備の為に旦那と子供たちより先にNY入りすることになってしまった。
カフェでサンドイッチと水を頼むにも苦労して、心細い中
偶然見つけた「4週間で英語を話せるようになる」という
バスの車体にでかでかと書かれた英会話教室の広告を発見。
そこから家族にも内緒でシャシの英語のお勉強が始まる。
とてもオシャレなインド映画でした。
視覚的にはサリーやシャシの作るインドのお菓子「ラドゥ」が色鮮やかで
とてもきれいで可愛かったです。
そしてインドの保守的な家族社会で自信を失っていたシャシが
時代、世界の最先端、NYにやってきて自信を持ち、
おどおどしたところがなくなり、1人でも堂々と街を闊歩するようになる、
そんな変化も今どきのオシャレな映画が好きそうな女性に好かれそうな感じです。
英会話教室もメンバーも国籍も色々、世代も色々、
先生がゲイで、今までシャシがいた世界とは丸っきり違う新たな世界。
そこに馴染んで行って、最後には「皆私の親友」と紹介するまでになる。
既婚で2人の子持ちとは思えない美しさのシャシに恋心を抱く
フランス人のローランもカッコよかったですね~。
そして家族で唯一シャシが英会話学校に通っていることを知る姪っ子のラーダ。
あの子いい子だった、見た目もすごく素敵だったけど、
最後のスピーチのシーン、シャシに「叔母さんのスピーチの番!」って堂々と振った顔、
その後シャシの旦那が遮って「うちの嫁英語苦手だから」って代わりにやろうとしたときの
「邪魔すんなよおっさん(怒)」みたいな顔、あれはとてもよかった!
今後他の国の映画に登場することも増えるかも知れませんね。
シャシが英語を理解できなくて、他の家族は話せるという設定だったけど、
そこにちょーっと無理があったというか、
シャシはそれでもちょこちょこ英語も話してたし、
最初NYのカフェでやらかしたけど、落ち着けばどうにでもなりそうな感じだったし、
家族の英語だって言うほど発音がきれいな訳でもないw
だけど通じてるからいいってことなのか。
あれで「英語全然分からない」設定にされたら、日本人はどうしたらいいの・・・って
ちょっと凹んでしまいますよね。
そして次に観たのが「めぐり逢わせのお弁当
インドのムンバイにはダッバーワーラーというできたてのお弁当を集荷し、
家庭から会社に届ける弁当配達人がいるそうです。
1日に配達される数は約20万個、その中で誤配送されるされる確率は
600万分の1個だそうです。
そんな600万分の1の確率の誤配送から生まれた、
夫との仲が冷え切った主婦、イラと
妻を早くに亡くして、定年退職間近のサージャンの交流。
インドの雑踏と、ステンレスの4段か5段重ねの金属の弁当箱に詰まった
美味しそうなインド料理、イメージする「インド」そのままです。
イラ役のニムラト カウルが混沌とした映像の中で、凛としていて、とても綺麗でした。
間違って届けられるお弁当の中に毎日入れられる短い手紙、
弁当箱を返す時に入れられる、弁当の味付けへの文句とも
礼状とも思える手紙のやり取り。
メールだのラインだので既読無視があーだこーだ言ってる現代社会で
手書きの手紙のやり取りがとてもゆったりしていて気持ちよかったです。
「マダム~」と「お弁当」どちらが好きかというと、
私の好みとしては「お弁当」のごちゃっとしていて、飾り気のない、
必要以上に涙誘いに来ないところが好きです。
ただこの2本、主人公が美人な主婦で、奥さんは旦那を愛しているけど
旦那はちょっとイマイチだったり、
そんな美人で孤独な主婦に恋しちゃう男性が現れたり、似ているところが多いです。
ただ「マダム~」のシャシは家庭を守る良妻賢母ですが、
NYで自分自身に自信を持てるようになり、自分を理解してくれて、
自分に恋する素敵なフランス人に心揺らぐけど、
最終的にはやはり家族を選ぶ。
そして「お弁当」のイラはあくまでもサージャンとは手紙でのやり取りで、
夫の愛情を取り戻そうと努力はするのに空回り、
しかも夫は浮気までしているよう。
サージャンと一度会おうとするけれどそれも叶わない。
最終的に旦那を捨て娘を連れて、ブータンに移住する決心をしてしまいます。
そこで映画は終わったけど、恐らくイラはブータンに行って、
サージャンもブータンに行ったんじゃないのかなと思うのです。
自由な女性のようで、やはり家族が大事なシャシと、
保守的な女性のようで、最後は旦那より自分の人生を選んだイラ。
対照的な映画だったような気がします。
1つの事柄の表と裏みたいな2作品でした。
どちらもとてもいい作品だったと思います。
「マダム~」は結婚式のシャシのスピーチのシーン、盛大に泣きました。
「お弁当」は全然泣くところはなかったけれど、
何度も繰り返し観たくなる映画です。
KBCシネマでは18日~21日に「マダム~」の有料鑑賞者、
先着20名に、シャシが得意なインドのお菓子「ラドゥ」をプレゼントという
キャンペーンをやっています。
私も「マダム~」の最初の回に行こうと、映画館オープン前から待っていたので
貰えました、「ラドゥ」
1408508475176127.jpg
映画の中では相当甘そうで、甘いの苦手な私はおっかなびっくりでしたが、
いや意外と、思ってたほど甘くなかったです。
でも一度に2個も3個も食べられないな~、これ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です