ミランVSチーバス グアダラハラ

運よくタイミングが合いまして、ミランVSチーバス グアダラハラ(メヒコ)の試合を
ネットでライブ観戦できました。
観戦とは言っても回線状態は非常に悪く
殆ど動いてない紙芝居状態でしたが。
結果からいうと、ミランが3-0で勝利。
ギネスインターナショナルチャンピオンシップで、マンチェスターシティー、
オリンピアコス、リヴァプールに合計10失点で負けていたので、
相手がどこであれ、とりあえず勝てたのはよかったのではないかと思います。
本田からのニアンで先制、バロテッリのFKで追加点、
パッツィーニが3点目と、失点しなかったのもよかったですが、
決して試合内容がいいかというとそういうわけでもなく、
赤紙までは出ませんでしたが、結構な数の警告があったりして
試合は結構荒れ模様でした。
明確な戦術とかもあんまり見えてこなかったような・・・。
ただ先制点の本田さんとニアン、もしかしたら相性いいのかな。
先制する前にも1度、ニアン→本田でチャンスがありました。
本田さん決められなかったけどね、マークもついてたし。
日本では散々な言われようだけど、本田さん頑張ってると思うよ。
ピッポもその頑張りは買ってくれているのか、どうなのか・・・。
とはいえ私は今ひたすらピッポへの愛でミランを応援しているので
ピッポが喜ぶ顔が見られれば誰が活躍しても構いませんです。
皆さん頑張ってください、オレも応援頑張りますので。
いやでもとりあえずチームが自信を回復するという意味で、
大事な勝利だったと思います。
しかしこの調子で、国内リーグ初戦がラツィオってのは何とも厳しいなぁ。
とりあえずハイライト映像を。

改めてちゃんとしたっぽい映像で見ると、ピッチが観たことないような模様入ってますw
これやり難かっただろうなぁ。
そして試合の前半、白のアウェイユニのミランと、
白地に赤の縦じまのチーバス、すっごい観難かったんですよねw
どっちがどっちか分かんねー(怒)と思ってたら、
後半ミランがロッソネロに代わってました、そりゃそうだわ。
あとストリーミング映像が紙芝居だったせいなのかどうか分かりませんが、
ベンチはチーバスばかり映っていたようでした。
ピッポ映さんかい、できないカメラマンだぜ全く。
ただテクニカルエリアのラインぎりぎりに出ずっぱりだったので
後ろ姿はずーっと見えてました。
選手時代常にオフサイドラインギリギリにいた男は
監督になって常にタッチラインギリギリにいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です