国際親善試合日本VSブラジル

久々にブログに書きたくなるような試合でした。
結果日本代表は4-0という大敗を喫したわけですが、
あそこまで相手が強いと、逆に清々しいです。
バルサ型のパスサッカーが最近のサッカーのスタンダードなのかも知れませんし、
ワタシは古きよきアッズーリのドン退きカテナチオが大好きですが、
観ててこれこそサッカーなんだよなーと思うのは、
あの異次元テクニックとスピードのブラジルサッカーなんですよね。
4-0って言ったらそりゃあ精神的ダメージの大きい点差ですけど、
ゲーム運び観てる限り、日本代表がそんなに悪かったわけではないと思います。
ただ昨日のブラジル相手に自分たちのサッカーをやって玉砕、
中途半端な精度ではブラジル代表の足元にも及ばないという。
決定力という点で、ブラジルが神懸りだったのと、
普通のチームなら何とかなるちょっとしたパスミスを、
全力で奪ってそのまま日本ゴール前に運んでそのままゴールみたいな、
点に繋がることは何一つ見逃さないブラジルの嗅覚に
圧倒的に負けたという感じだったと思います。
もしかしたらブラジル代表、本気じゃなかったのかなぁ。
いや、それでも手抜はなかったと信じたいよ(涙)
自陣ゴール前でボール掠め取って、カカちゃんとネイマールと、
時々オスカルの3人で日本のDFぶっちぎってって、
あれ何なんでしょうねぇ。
先日フランス戦で日本の得点シーンのカウンターを、
5段階ぐらいアップデートしたレベルというか。
どうして2とか3ステップでスルスル相手DFかわしちゃうんだろう。
あとブラジル代表観てて、チアゴシウヴァ放出した
ミランのバカさ加減に呆れて物も言えませんが、やっぱりあの人凄いわ。
ブラジルって両SBは攻撃陣扱いで、守備はCBの2枚か1枚とGKだけ、
それ以外は相手がミスしたのを取れる選手が取るみたいな、
フォーメーションで言うと、1-9とか2-8なんだろうなってサッカーだけど、
その分CBのレベルとGKのレベルが異常に高いですよね。
攻撃陣が派手すぎて全然目立たないのが可哀想だけど。
日本代表に難癖つけるとすると、スタメンとそれ以外の選手の力の差が
大きいんだよなという点と、
どうしてせっかく選手交代枠6人もあるのに、
宮市亮をあんな試合終了直前にしか出さないのかなってこと。
ザック頼むよ~。
日本代表も強くなって嬉しいけど、
時々こういう負け方すると、世界はそんなに甘くないなって
現実を突きつけられますね。
いい勉強になります、プレーヤーもそうでしょうけど、観る側にも。
世界の壁は高いし厚い。
ショックが大きいのは、
W杯欧州予選のドイツでしょう。
かつて3点リードで折り返して、
3点差をものの10分で追いつかれ、CLを逃したチームを知ってますが凹
それに近い精神的ダメージですね、こりゃ。
スウェーデンよくやったけど、ドイツはご愁傷様です・・・。
日本代表もスウェーデンのようになってくださいw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です