愛のむきだし

愛のむきだし [DVD] 愛のむきだし [DVD]
(2009/07/24)
西島隆弘、満島ひかり 他

商品詳細を見る

中島知子に寄生してた占い師のニュースとか、
とある友人が変な宗教にはまってるとか、
某学会員の親戚が亡くなったとか、そんなことが重なったのと、
あちこちのレビューで絶賛されてたので観てみました。
主人公のユウには、母親が亡くなってから神父になった父テツがいて、
テツにカオリというファムファタール的な女が近寄り親しくなります。
しかしカオリが姿を消すと、テツの人が変わったようになってしまい、
ユウに毎日懺悔を強要するようになる。
神父であるテツに懺悔をするために、チンピラとつるみ、
挙句の果てには街を歩く女性のパンチラを盗撮するようになる。
仲間との盗撮競争で負けたユウは女装をして街を歩き、
気に入った女の子にキスをして好きよというという罰ゲームをするのですが、
それで街をうろついていると、多数のチンピラ風情に囲まれた女子高生、
ヨーコに出会い、女装のままヨーコと共に大立ち回りを演じます。
そのそのチンピラ連中を取りまとめていたのが、巷で騒がれていたゼロ教会という
信仰宗教団体の教祖の右腕のコイケで、
信者を増やすために、街の教会の神父一家であるユウの家族を
教団に引きずり込んでしまおうという狙いがあるわけです。
ヨーコに恋してしまったユウですが、
テツとよりを戻したカオリの連れ子(のような感じ)だったヨーコとユウは
義理の兄妹になるのですが、そこにコイケが忍び寄り、
テツとカオリとヨーコを教団施設へ連れて行ってしまい、
ユウが奪還しようと奮闘する話。
何か長くなりましたが、そんな感じです。
監督は今話題の園子温、DVD2本に及ぶ作品で、時間にして237分。
盗撮だとか体切り刻んだりとかオナニーとか新興宗教とか出てくるので、
R-15指定の作品です。
確かに血しぶき凄かった。
ユウを演じた西島隆弘くんと、ヨーコを演じた満島ひかりさんは
両者とも踊って歌うアイドルグループの人なので、
ケンカのシーンのアクションはとても派手でカッコよかった。
コイケを演じた安藤サクラさんの能面のような、
笑っても目が全然笑ってない、完全にイッちゃった感じの演技は素晴らしい。
ただもうちょっと短くまとまらなかったかな。
色んな要素を詰め込みすぎて、カッコいいアクションシーンを長く取りすぎて、
結果冗長になって薄っぺらく、観てて疲れる感が否めませんでした。
過激=カッコいいという短絡的な印象も強いし。
とりあげる題材も、俳優陣の演技もよかっただけに、勿体ないような気がします。
ユウとヨーコの恋愛感情の描写も何か弱かったな。
最後も「そんな簡単にうまく行くかよw」だったし。
本当に色々勿体なかった。
盗撮シーンがやたらアクロバティックだったのは笑いました。
非現実的過ぎて、あれはあれでいいけど、そのシーンが多過ぎたなとも思います。
まぁ観て損したとかそこまではないです。
園子温監督の映画って他のはどうなんだろう。
東電OL殺害事件がテーマになってる「恋の罪」でしたっけ。

恋の罪 [DVD] 恋の罪 [DVD]
(2012/06/02)
水野美紀、冨樫真 他

商品詳細を見る

これとか、「冷たい熱帯魚」も観てみたいけどな。

冷たい熱帯魚 [DVD] 冷たい熱帯魚 [DVD]
(2011/08/02)
吹越満、でんでん 他

商品詳細を見る

蛇足ですが、なぜか私の周りには新興宗教にはまってる人、
はまってた人が多いのですが、そういう人で傍から見ても幸せになってる人って
面白いくらい誰もいないんですよね。
まぁ親が入ってて、自動的にって人はともかく、自らの意思で入った人は。
幸せになるために入るのに、何でこうなのかなって思うのだけど、
何となく最近分かってきました。
苦労した結果、藁にも縋りたくなる気持ちは分からないでもないです。
しかし結局祈ったりお経唱えるくらいで、楽して幸せになろうなんて無理なことです。
自分が不幸で占いだの宗教だのに入れ込むのは良いけど、
それによって、自分のダメなところ、治すべきところ、
現実的な問題から目を逸らしているだけで、
根本的な解決は何一つできてないってことに気付かないまま、
問題が悪化してしまう上に、金銭は巻き上げられるし、
周りの人間からは見放され、最後に取り返しがつかなくなるんですよね。
試練を乗り越えるのはいいけど、なぜそんな試練が自分に降りかかって来るのか、
自分を見つめ直す必要は大いにある筈なのに。
まぁ人のことは言えないんですけども。

愛のむきだし」への2件のフィードバック

  1. 尊願歩

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    感想書いたのですね!
    ハイテンションで長尺なので、体力使いますよね笑
    過激に走り過ぎてるのが勿体無く見えちゃいますよね~
    タランティーノ的趣味な人や外人からしたらあれがジャパニーズエイガ!なのでせうか笑
    宗教に関しては、ほんと難しいですね、、。
    自分の場合、周りで、宗教によって生活や判断能力が明らかに向上して安定した人をいくつか見た経験があるため、どうしても全否定に向かうことが出来ません。
    (本当にダメになった人も見ましたが。。)
    いい答えではないと思うのですが、宗教というもの自体が悪いのではなく、結局はそれを個人個人がどのように使うかが問題の本質だと僕は考えています。
    アルコールや包丁やライターや自動車やお金や政治など、全部同じだと思います。
    ぬるい意見かも知れませんが、ご容赦願いますm(_ _)m

    返信
  2. KAORIE

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はい、ちゃんと書いてみました!
    よくも悪くも・・・いや、そこまで悪くはないけど、印象に残ったので。
    難しいことは全部省略して、勢いと過激さで240分乗り切るぜ!!みたいなノリも悪くないけど、
    やっぱり疲れるんで、半分でよかったかな・・・w
    あのドロッと生温かい過激さは昭和の日本を思い起こさせました。
    あ、あとコイケの最後はちょっと納得いかなかったです。
    その納得行かなさがコイケなのかもですが、なんでえええとなってしまいました。
    いや、確かに宗教に心救われる人がいるからこそ、
    この世に存在するものだと思うので、ぬるいとかは思わないです。
    宗教が正義だとか道徳だとか理性の基準になるってこともあるだろうし。
    傍から見たらどう見ても不幸なのに、信仰によって幸せだと思ってるなら、
    それはその人の自由なわけですし。
    仰るように、各々が宗教とどう関わるかという話になると、
    やはり宗教だとか神に対して盲目になってしまうとよくないことになるんじゃないでしょうか。
    しかし盲目にならずにいられるなら、そもそもその人には宗教が必要ないように思えるし。
    某巨大掲示板で、
    「目を開かすのが信仰で、目を閉ざさせるのがカルト」という書き込みを見ましたが、
    言い得て妙です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です