妖怪人間ベム

このブログ、DRAMAなんてカテがあったのかよ!
というほど、ドラマなんて観ていないワタシです、おは妖怪。
以前何について書いてたのと思って観てみたら、
何と懐かしの「有閑倶楽部」でした!
しかしあのドラマ、あんまり観た記憶なかったりするんだけどなぁw
憶えてるのって清四郎が関ジャニ∞の横ちゃんで、
美童がKAT-TUNの田口くんだったことくらいで。
「魅録って誰だった?」みたいな、うわーんファンの方ごめんなさい。
あんまり好きじゃないの~。
で、現在珍しくドラマにはまっているワケですが、「妖怪人間ベム
もうあと3回で最終回なのに、何を今更感ありありでスミマセン。
「妖怪人間ベム」といえば、昭和の昔に放送されたホラーアニメ
リアルタイムはワタシが生まれる前ですが、昭和60年代と言うと、
夕方の時間帯に再放送アニメを色々やっていたので、その時に観ました。
しかし家は母がああいう気持ちの悪いのが嫌いで自宅で見られず、
友達の家に行って観ていた思い出があります。
恐らくワタシと同世代なら再放送で観たという人も多いであろうこのアニメ、
気持ち悪いけど大好きだったので、
実写ドラマ化と聞いたときそりゃあもう文句タラタラだったわけです。
ベムがジャニかよとか、亀梨とかベムには貧弱だろとか、
ベロが鈴木福とかなんであんなちっこいんだよ、
もうちょっと年いってるだろとかエトセトラエトセトラ。
あ、いやジャニーズ嫌いなわけじゃないし、
魅録の人よりは亀ちゃんの方が好きではあったんですが、それでもねー。
しかし杏さんのベラが妙に様になっている様子だったのと、
観ずに全否定は良くないわなと言うことで、怖い物観たさ半分、
冷やかし半分で観てみたわけです。
これが結構いい。
最初は結構いいくらいでしたが、今では本当にいいと言いたい。
アニメのベムと亀梨ベム(以下ベム梨)はイコールにならないけど、
アニメはアニメ、ドラマはドラマとして観ると、
むしろベム梨は素晴らしくいい、カッコいい。
ベラは言うことないし、福くんのベロがほのぼのしていて素晴らしい。
しかもオープニングのナレーションがアニメとそっくりに作ってあることと、
その声がアニメ版ベムの小林清志さんということで、
原作に対する深いリスペクトが感じられました。
あの有名な♪やっみーにかくれていきる おれたちゃよーかーいにんげんなのさー♪は
亀梨杏福の3人で完全カバー。
亀ちゃんのカツーンで歌うときのジャニ声とは全然違う、
アニメ主題歌声にビックリしました。
アニメ版よりテンポが速いけど、それも慣れてきて、いつの間にか
アニメ版が遅いような気がしてくるほど。
色々言われているカツーンによるエンディングの主題歌は
最初は「えー」と思ったけど、慣れてくると良くなってきて、
しかも歌詞がドラマとちゃんとリンクしているし、
プロデューサーさんが曲作りにも関わったそうで、もう3話目くらいから違和感なし。
生まれて初めてジャニーズのCDを買うことになってしまったのです。

BIRTH(初回限定盤1)(DVD付) BIRTH(初回限定盤1)(DVD付)
(2011/11/30)
KAT-TUN

商品詳細を見る

これには音楽のPVのメイキングがついていました。
内容は人間になりたい妖怪3人が、人間と交流を持ちつつ、
心に闇を持つ人間と戦う人間ドラマという感じで、
アニメとまたちょっと違うけれど、結構泣けるエピソードも多い。
ただの勧善懲悪ではない妖怪の葛藤と現代の人間の悲哀や闇があり、
現代社会に合ったドラマだと思います。
今の社会、闇に隠れて生きてるのはベムベラベロよりも人間かも知れないですね。
毎回変わるゲストも渋くて豪華で、話題性だけではなく、
ちゃんと作ってあるんだなと思えるドラマ。
ワタシの好きなドラマというと、今までは「世紀末の詩」一択でしたが、
それと並ぶほどのドラマに十数年後に出会えるとは思わなかった。
しかもどちらも日テレなのね、いい仕事してくれますね。
あと今日を合わせて3回というのが淋しいですが、
しっかり堪能しようと思います。
DVD出たら絶対買うな、これ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です