a-bra:z 2011 Tour”Have A Good Time”/DRUM B-1

最近ライブ参戦の本数がめっきり減っていますが、
昨日a-bra:zのツアー前夜祭の博多サミット(DJ+セッション)と
ツアー初日のライブに行ってきました。
ところでa-bra:zとは何ぞやという方に解説
チェッカーズの楽器隊のバンドです。
ドラムのクロベエが亡くなった後も活動を続けています。
なぜまた突然a-bra:zなのかというと、なんででしょうね。
先日のチェッカーズのDVDでふと再燃したというのが一番かもしれませんが、
だからと言って、チェッカーズの面影を探し求めてというわけでもなく、
むしろ新しい音が聴きたかったんですよね。
でも信頼できる音がいいなぁなんて横着なことを思ったわけですw
アブラーズのツアーのタイミングも良かったし、
CDも聴いたことないのに、サミットまで参加していいのかおいという感じでしたが、
サミットの力の抜けた和気あいあいとしたセッションと、
本気モードのライブと両方観られて本当に幸せでした。
小学生の時の最大のアイドルであり、その後の音楽の趣向に大きな影響を与えた
チェッカーズのメンバーが目の前で酒飲んだり、DJしたり、
考えたら夢みたいなお話なんですw
ツアーがこの後も続くのでネタばれ注意のお達しが出ているので詳しくは書きませんが、
色々ライブ観たけどあんなに玄人なインディーバンドは初めて観ました。
アブラーズは本当にインディーズだとアンバサダーが仰っていましたが、
ライブの後援が「ファンのみなさん/応援してくれるメディアのみなさま!」
CDはAMAZONでもタワレコでもHMVでも売ってないし(泣)
でもあの演奏は本当にすごい。
つい先日リリースになったニューアルバム「Have A Good Time」も
「公開レコーディングで差し替えなしの一発録り」だということですが、
普通のスタジオ収録と変わらないレベル。
でもAMAZONでもタワレコでもHMVでも売ってn(ry
オフィシャルサイトのストアとライブの会場でしか買えません、たぶん。
そりゃあ経験値が違うと言われてしまえばまさにその通りなんですが、
最近クラシックばかり聴いていて、クラシックも生演奏を収録したものも多く、
そういうのと同じくらい。
小学生の頃、チェッカーズに惚れたワタシに間違いはなかった。
でもMCは地元のうどん屋とかCMネタとか、お天気なんですよねwww
で、アブラーズは今年の「Rising Sun Festival」に出演決定だそうです。
野外フェスで観るアブラーズとか天国過ぎて観たらその場で死にそうですが、
北海道までは行けねーな、さすがに。
でも野外でアブラーズ観たいなぁ。
サンセットとかどうなんだろう、出演したら絶対行く!
アブラーズのおかげでとても楽しい週末を過ごせました。
享さん渋かったなぁ、尚ちゃんかっこよかったなぁ、ゆーちゃん可愛かったなぁ。
この面子に恋に落ちたの2度目ですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です