アジアカップ2011 日本VSカタール



ブログでは久々のサッカーネタ。
普段はツイッターでやってるんですが、今日はちょっと長くなりそうで(笑)
超アウェイの難しい試合、レフェリーも敵だろうくらいに思って観てましたが、
やっぱりカタール寄りでしたね、いや参った。
観客は地元民が圧倒的に多いし、
空気に飲まれたらまずいなー、やりにくいなーと思ってました。
それもやはり予想通りで先制され、追いつき、勝ち越され、追いつき、
そして決勝ゴール。
日本代表強くなったなぁ、プレイの質もだけど、
メンタル面がすごく向上している気がします。
と言うのも、日本が2-2に追いついて、残り10分少々ってところで、
遠藤や長谷部がボール持って猛然と上がっていく姿とか、
伊野波の決勝ゴールに至るまでの一連の流れ。
伊野波がシュート打つまでに何人も倒されて、
カガーワがシュート打ったときも、あれPK取られておかしくないシーンだったけど、
岡崎が控えめにPKアピールしてるくらいで
誰もPK欲しさにプレー止めなかったところに大変感動しました。
岡崎もちょっと手上げたけど、あれ伊野波来てたの見てて、
ちょっと考えたのかな、すげー空気察知能力w
あれ、岡崎のお手柄だったと思うんだな。
岡崎が派手にPKアピールしたら、プレー止まって、敵にボール取られて
しかもPKももらえないで逆襲受けて戻るの間に合わず
そのまま失点みたいな悲劇になってたかも知れない。
心臓に悪い試合だったけど、良いもの観させていただきました。
もうホントに寿命が半年縮まったよ(笑)
吉田は同じようなファールで黄紙2枚退場だし。
しかし1人減った後の日本の攻撃は鬼気迫るものがありました。
1人少なくて消耗は激しいけどスペース開いてよかったパターンじゃないでしょうかね。
これで延長になったらやばいから、
何としても後半のうちに1点取るって気迫が
テレビでも伝わってきました、お見事だった、感動した。
そして大会無得点だったカガーワの初得点と2点目。
自分で捌いて、本田→岡崎と行ってる間に自分でゴール前に走りこんで
ボールをゴールに押し込んだ1点目。
派手なのはスパイクだけじゃなかったよ!!
さらに、この大会、大活躍の岡崎。
日本の得点全てに絡んでんじゃね?ってくらいですね、すごい。
昨日の試合も何度も何度も敵のDFラインの裏に飛び出して、
オフサイドも取られたけど、あの常に狙ってる動き、
ずっと観てたらピッポ インザーギに見えて来ました。
何か顔まで似てきた気がするw
こんな試合を寝る前に観ちゃったおかげで、
しばらく眠れませんでしたよ。
カフェインのせいじゃねーなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です