戦場に音楽の架け橋を

先日ツイッターで教えていただいた番組を観ました。
戦場に音楽の架け橋を
国立コソヴォフィルハーモニーの常任指揮者の日本人、柳澤寿男氏が打ち立てた、
未だ根強く民族対立が残るコソヴォで、
アルバニア人、セルビア人、マケドニア人の混合のオーケストラを結成し、
コソヴォのプリシュティナと、両民族が民族対立への恐怖から渡ることができない
「分断の橋」の向こう側のセルビア人地区ミトロヴィツァとでコンサートを開くと言う
壮大なプロジェクトを追う番組です。
ミトロヴィツァと言えば、ユヴェントスのクラシッチの故郷です。
何かのインタビューで「思い出したくない」と語っていました。
音楽や芸術やスポーツに国境はないと言いながらも、
やはり政治的に利用されてしまいがちです。
戦争意識や民族意識を煽るには打ってつけ。
しかし柳澤氏が夜の街を歩きながらスタッフに言った、
「国のことまで考える必要あるんですかね?」という言葉は
あぁそうだなと思いました。
3つの民族の演奏者がマケドニアでリハーサルをしながら、
最初は挨拶の握手1つにも民族の壁を感じていたにもかかわらず
実際に音を出して曲を演奏していたら変わっていくのが分かります。
「政治のことは政治家に任せておけばいい、
自分は音楽家なんだから、音楽をやる」と言った演奏家や、
「音を出してる時に民族とか言ってる場合じゃない」という柳澤氏。
「いいものを作るには心を開かないとできない」
政治とか過去の戦争とか民族とかに拘っていてはいいものはできない。
コンサートが無事に終わり、団員も別れの時がやってきます。
しかしやはり橋の向こう側に帰っていくセルビア人を、
アルバニア人は橋のこちら側までしか見送れない。
日本人である柳澤氏がセルビア人を橋の向こうまで見送り、
そしてこちら側に戻って来る。
象徴的なシーンだなと思いました。
戦争で音楽から離れざるを得なかった人たちがいて、
戦争が落ち着いた後、やっぱり音楽をやりたい人が集まったら、色んな民族がいた。
最初は険悪ムードも漂ったけど、やっぱり音楽したい人間同士だから、
好きな音楽できれば民族とかまぁいいかと、
そんな風に持って行くにも、やはり誰かが音頭を取って、
環境を整えていかなくてはいけないワケで、
それを日本人の指揮者がやってのけたと言うのは、
旧ユーゴ諸国好きな人間としては嬉しいことだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です