「気がめいる陰うつな映画」30本

「気がめいる陰うつな映画」30本
1.レクイエム・フォー・ドリーム(00/ダーレン・アロノフスキー)
2.ザ・ロード(09/ジョン・ヒルコート)
3.ダンサー・イン・ザ・ダーク(00/ラース・フォン・トリアー)
4.アンジェラの灰(99/アラン・パーカー)
5.ミスト(07/フランク・ダラボン)
6.プレシャス(09/リー・ダニエルズ)
7.日蔭のふたり(96/マイケル・ウィンターボトム)
8.ドクトル・ジバゴ(65/デビッド・リーン)
9.ヴェラ・ドレイク(04/マイク・リー)
10.ソフィーの選択(82/アラン・J・パクラ)
11.リリア 4-ever(02/日本劇場未公開/ルーカス・ムーディソン)
12.ケス(69/ケン・ローチ)
13.エレファント・マン(80/デビッド・リンチ)
14.風が吹くとき(86/ジミー・T・ムラカミ)
15.ホテル・ルワンダ(04/テリー・ジョージ)
16.レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで(08/サム・メンデス)
17.火垂るの墓(88/高畑勲)
18.砂と霧の家(03/バディム・パールマン)
19.Scum(79/日本未公開/アラン・クラーク)
20.ナイロビの蜂(05/フェルナンド・メイレレス)
21.黄色い老犬(57/ロバート・スティーブンソン)
22.ミリオンダラー・ベイビー(04/クリント・イーストウッド)
23.キリング・フィールド(84/ローランド・ジョフィ)
24.パッション(04/メル・ギブソン)
25.カッコーの巣の上で(75/ミロス・フォアマン)
26.Dead Man’s Shoes」(04/日本未公開/シェーン・メドウズ)
27.叫びとささやき(72/イングマール・ベルイマン)
28.チャイナタウン(74/ロマン・ポランスキー)
29.リービング・ラスベガス(95/マイク・フィギス)
30.縞模様のパジャマの少年(08/マーク・ハーマン)
こういうランキング多いですね。
実際こうやって並べられると、結構観てるようで、
そんなにたくさん映画って観てないなと思います。
黄色文字は観たことがある作品です。
病苦・・・もといビョークの映画は半分で挫折しました。
なので半分黄色です。
こんな外国のランキングでTOP20に余裕のランクインの「火垂るの墓」
日本最強の鬱映画認定ってことでいいんでしょうか。
「カッコーの巣の上で」は気が滅入るとも何か違うような、
むしろ強烈な怒りを覚える映画、そしてルイーズ フレッチャーが怖かった。
これを観た時はまだ「ロボトミー」なんて言葉知らなかったな。
「エレファントマン」はKAORIE的には気が滅入るどころか、
「フリークス」には遠く及びませんが(注:特殊メイクか否か)
むしろ大好きな萌え映画です、不謹慎とかそんなことないです。
ワタシが観て気が滅入ったのは「カポーティ」
フィリップ シーモア ホフマン主演の、トルーマン カポーティの伝記映画です。
今でこそ笑って話せるけど、あれを独りでレイトショーで観て、
数日立ち直れず、その間何度も死にたくなった憶えがあります。
DVDも出ているので、もう1度観たい気もしますがちょっとまだ無理かも凹
しかし「気が滅入る」と言われてもこういうランキングで出されると、
怖いもの見たさでDVD借りてこようかななんて思うんですよね。
止めた方がいいかしら(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です