2010年ワールドカップ決勝トーナメント1回戦その1

ウルグアイVSK国
ウルグアイよくやってくれた。
スアレス神。
これで職場でK国サッカーの話をしなくてよくなった。
アメリカVSガーナ
あんまりアメリカの試合観る機会なかったけど、
ドノヴァンがカッコいいことはよく分かった。
アメリカは次の大会も頑張って欲しい。
ドノヴァンって額が・・・いや結構経歴長いので年行ってるみたいだけど、
次回W杯時でも32だからね。
余裕で出場できるでしょ、応援してます!!
ドイツVSイングランド
一般人が普通にテレビ観てても、ライン超えたと分かるゴールが取り消され、
もしかしたら違う結果になったかもしれなかった試合。
いや、でもどうかな。
普通に4-2で負けてたかもしれないし、もうホントに凹みました。
ただドイツは強かった、ああいう可愛げのなさが嫌いなんだぜ。
でかいせいからなのかなんなのか、
鬼のようなカウンターも楽々テキトーにやってるように見えて腹立つ!!
イングランド残念だった。
ルーニーの得点王信じてたんだけどなぁ凹
もっと強くなって次回帰ってきてください。
アルヘンVSメヒコ
↑のイングランドよりもメヒコの方が勝てる可能性がある戦い方をしていただけに、
今大会中一番残念な試合。
いや、マラドーナ劇場が楽しいので最後まで観たいけど、
それでもアルヘンとメヒコがギリギリの戦いしてるの観たかったのに、
テベスのオフサイドゴールで台無し、あ、テベスが悪いとは言ってないですよ。
あんなに白ける試合もあんまりないですね。
2点目のDFのミスからイグアインが得点したシーンも、
メヒコが平常心であんなミスするとは到底思えなかったです。
メヒコの最大の敵は線審でした。
本当に可哀想、あんなのないよ。
しかしテベスはあのオフサイドゴールだけだと後味悪かったけど、
その後の強烈ミドルは最高でした、目が覚めました。
メヒコ大会で「神の手ゴール」の後に5人抜きやったマラドーナと被ります。

ブラジルVSチリ

超攻撃的サッカーをしているのに、決定力の低さがハンパないチリw
ブラジルが得点するまでは自分たちのサッカーをできているように見えたんです。
あれ、ブラジル押されてね?なんて思ったのもつかの間。
ブラジルが1点取った後は、何もできませんでした。
チリの戦い方に迷いはなかっただろうし、間違ってもなかったと思うけど、
ブラジルが異次元でした、強すぎです。
守備のできるブラジルとか強すぎてつまんない、観たくない!!
グループリーグで北朝鮮と2-1とか、ポルトガルとドローとか、
もしかして調子悪いんじゃないの? チリいけるかも!
なんて一瞬でも思ったときがありました凹
でもチリよく頑張ったよ!
点は入らなくても面白いサッカー見せてくれてありがとうと言いたいです!
もうこれは相手が悪かったとしか言いようがありません。
あんなん人間レベルじゃないもんな。
オランダVSスロバキアはどっちでもよかったので観てません。
余りにも疲れたので寝ていました。
そして今日は日本がパラグアイと、ベスト8をかけて戦います!
まだどうにも信じられません。
アッズーリがトーナメント表に載ってなくて、日本がいるなんて。。。
アッズーリが消え、イングランドが敗退し、
チリも巨大な壁に跳ね除けられた今、
望みは日本代表とアルヘンだけです、頑張れ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です