読顔力

最近流行の「○○力」みたいなの、反吐が出るほど嫌いなんです。
そういう力自体が悪いと言っているのではなく、
それについてメディアが名前付けて煽って、
本出してテレビ作ってみたいなのが嫌いなだけなんです。
大したこと書いたり言ったりしてないじゃないですか。
普段から心がけるべきことを書いたり言ったりしてるだけで。
でも中々できないから本やテレビで言われると
自分を見つめなおすチャンス!みたいな展開にしたいんでしょうが、
言われても書かれても、ダメなものはダメなんですよ。
心がけてる人は言われなくても心がけてる。
この読顔力ってのも字面見て「うえーっ」と思ったんですが、
人の表情から読み取れる情報に興味があるので読んでみました。
あの何でもかんでも「ビジネスチャンス」に繋げようとする品性も
全く持って如何なものかと思うんですけどね。
本当の仕事人間って、逆にこういう「ビジネスチャンス」って触れ込みの
教材に頼らずに我武者羅にやってると思うんです。
こういうのを電車とかで読んでる人観ると、
「仕事できる人を装ってるんだろうな」とか、
「こういうの読んだら、手軽に仕事で成功できそう」とか
そんなこと思ってる人なんだろうなって、
とんでもない偏見で見てしまいます。
もちろんそうだとは限りませんよ、ワタシが人間歪んでるんで、
勝手にそう思ってるだけですからね。
人間との付き合い方なんて、生きてきた年数で培われたものなのだから、
本1冊読んだくらいで変わろうなんて、
ヌルいこと考えてんじゃねーよと、思うのはワタシだけでしょう。
スミマセンね。
まぁそれは言いとして、読顔力の記事なんですが、
この記事の中に能面で読顔力と心理状態をチェックってテストがあります。
昔東京のばあちゃんの家に能面と般若・・・いや、
おかめとひょっとこだったかが壁に飾ってあって、
小さい頃だったし東京の家に行った最初の日は必ず泣いてましたw
般若(ひょっとこ)はそうでもないけど、
能面(おかめ)って怖いんだよ~~~。
未だに能面って怖くて嫌いですが、このテストは頑張ってやりました。
因みにワタシは気配り上手タイプと出ました。
気配り上手タイプがビジネスの心構え読んでる人間に
↑みたいなこと考えるのか、おいと言ってしまえばそれまでw
あと「嘘つきの表情」って記事も興味深いです。
この記事には表情を読み取る研究を悪用される恐れにも触れられています。
これに書かれているのは、読み取りたい側が悪用する可能性ですが、
逆にワタシは読み取られたくない人間として悪用させていただきますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です