ブラッター会長、オフサイド撤廃を検討?
寝言は寝て言え。
時にはマスコミもいいこと言うじゃないか。
ゼップ ブラッター(wiki)
まぁ、オフサイドでどれだけの選手が頭抱えたか分かりませんが、
これなくなったらサッカー特有のスリルが半減すると思います。
ワタシが観に行ったTOYOTA CUPでもピッポのゴールはオフサイドで取り消されたし。。。
でもオフサイドってルールがあるからピッポみたいな、
「オフサイドラインぎりぎりで仕事する選手」が生きるのであって。
それになくなったらGKと1対1で真正面で向かい合ってても、
足元(あるいは頭)にクロス飛んできたらシュートしていいってのはどうかと思う。
高校時代の英語の先生が、オフサイドについてうまく説明してくれました。
「サッカーってのは紳士の国のスポーツだから、
敵の裏をかいて待ち伏せなんて卑怯な真似はよしとしない」
そうそう、まさにそれ。
まぁ、「紳士的なスポーツ」って言うなら、
オフサイドよりももっとどうかと思うようなこともありますけどね。

」への2件のフィードバック

  1. にー

    SECRET: 0
    PASS: 9eaa21af4615e8fcb74a6f0118c00937
    サッカーはオフサイドがあるから面白い。
    だからフォーメーションやシステムが重要となる。
    無くなったら何の魅力も無い。

    返信
  2. KAORIE

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まさに!
    記事の最後に
    「ホッケーでは1998年にオフサイドルールを撤廃。
    ゴール数やスペクタクル性が増したことで、多くのファン獲得につながっている」
    なんて書いてあるけど、じゃあホッケー観とけって話だよ。
    もちろんホッケーはホッケーで面白いんだろうけど。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です