半神

半神 (小学館文庫) 半神 (小学館文庫)
(1996/08)
萩尾 望都

商品詳細を見る

マンガとか、読むのも買うのも久しぶりです。
表題作の「半神」は結合性双生児の姉妹のお話です。
非常に短いお話です。
知能は高いけれど、妹に栄養をすべて奪われてみすぼらしい姉のユージーと、
知能は低く、自分1人では歩くこともできないけれど、
天使のように美しいユーシー。
成長するにつれ、生物としての機能をすべて受け持つユージーにも負担が大きくなり、
片方(ユージー)だけでも生き残るために2人は分離して、
生命維持機能を持たない片方(ユーシー)は死ななくてはならない。
偶然にもこのタイミングで、萩尾望都さんがそういうマンガを書いていると知りました。
短いお話ですが、凝縮されてます。
自分の別ブログで「半神」の劣化コピーみたいなエントリありますが、
見逃してくださいw
そして、このニュース
おめでとうございます。
イデオロギーとか報道とか歴史的背景とか関係なく、
無事に生まれてホントに良かったです。
(以前、裏にUPしていたものです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です