バタフライ エフェクト

何なんでしょうね、年末年始って映画館にしろ、DVDにしろ
何か映画が観たくなるんですよね。
劇場で公開されるのは年間通してこの時期が一番充実していると思いますし。
で、今日はDVDでこの映画を観ました。

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD] バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]
(2005/10/21)
アシュトン・カッチャーエイミー・スマート

商品詳細を見る

ただレンタルなので、プレミアムエディションに入っている、
一番肝心(らしい)ディレクターズカット版のエンディングは観ていません。
セルDVDにしか収録されていないそうなのです。
以下ネタばれ。


バタフライ エフェクト」とは。
日本で言う「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな感じですね。
この諺すごく好きなんです。
というか、ワタシが日常口にするフレーズなんて
8割方「バタフライ エフェクト」みたいなことです。
突発的に一部分の記憶を失ってしまうエヴァンは、
幼い頃から医者に言われてつけていた日記を読み返すと、
その頃にタイムスリップできる能力があることに気付く。
愛する人、ケイリーを不幸から救うために自分の記憶の失われた部分に
何かヒントがあると分かって、何度もタイムスリップし過去を修正するけれど、
どの過去に戻ってどう修正しても、エヴァンの周りの誰かが不幸になる。
愛するケイリーはもちろん、親友のレニーだったり、
自分自身や自分の母親だったり。
そしてエヴァンはケイリーに初めて会った日に戻り、
そもそも近づかないことを選択する。
そしてエヴァンが成長したある日、街でケイリーとすれ違うけれど、
2人は声もかけないまま。
というのが、劇場公開版で、レンタルDVDに入っていたもの。
更にレンタルDVDには最後のシーンだけ別の2つの終わり方が収録されていました。
1つはストーカーVer.(ってのも何だかなw)
これはエヴァンとケイリーがすれ違って、エヴァンが彼女の後を追っていくという終わり方。
もう1つはハッピーサッピーエンディング。
エヴァンとケイリーがお互いに振り返り、
今度お茶でもどう?って終わり方、もっともハリウッド的なつまんないVer.
で、セルDVDのプレミアムエディションに収録されているディレクターズカット版というのが、
元々のエンディングらしいのですが、
余りにも救いのない終わり方だからと言うことで公開版にされたそうです。
ワタシは観ていませんが、ネットで徘徊してネタばれを観ると、
エヴァンが母親の胎内まで戻り、臍の緒で首を絞めて死産になるというモノだそうです。
何かもうそういう終わり方って悲し過ぎてアレですが、
一番しっくり来る終わり方ではあると思います。
買わなくちゃダメか、これw
この手の記憶モノ、タイムスリップモノは面白い反面綻びも目立ちます。
この映画はそれでもよくできていると思いました。
ただ細かいことを言うとキリがありません。
この映画の前提が「エヴァンとケイリーが出会うと誰かが不幸になる」というのなら、
劇場公開版のエンディングでは、その後の誰かの不幸を暗示しているようなことになります。
誰かの不幸を呼び起こさないために、出会ってはいけない2人です。
しかしそういう2人はなぜか惹かれ合うのですから、
だったらエヴァンが生まれないしか方法はない。
劇場公開版、中途半端に一般ウケ狙って甘くなりましたね。
そしてDVDに収録されている別Ver.の終わり方は更に論外。
ハッピーサッピーエンディングなんて、この2人に有り得ないわけですよ。
このエヴァンの父親って人も同じような能力があり、
ディレクターズカット版によると祖父も同様なのだとか。
完全に遺伝です。
ってことはどこまで遡っても、誰かが生まれない以外、
断ち切る方法はないと思われます。
極論、地球が生まれない選択レベルまで達しかねない。
本当は「もしもあの時ああしていたら」なんて有り得ないことなんですが、
人間はどうしてもそれを望む瞬間がある。
こういうタイムパラドックス系の話好きなんですけどね。
「スライディング ドア」とか「ラン ローラ ラン」とか、
「BTTF」は当然。
「ドラえもん」のタイムマシンの出てくる話は基本好きですし。
でも難しいですね。
ただ一番残念なのは、色々綻びはあってもかなりいい映画なのに、
続編が3まであるんですね。
いい映画は関係者がシリーズ化したがるけど、
必ずゴミなので、手をつけないでほしいです。
続編が面白かったのって「BTTF」くらいでしょ。
3はどっちでも良いけど、2は複雑で一番好きです。
でもあの2ってイマイチ人気ないんですねーーー。
登場人物の中に、エヴァンの大学のルームメイトで、
マリリンマンソンが横に広がったような人が出てきます。
この人顔は怖いし、見た目はアレですがとてもいい人でした。
アシュトン クッチャーは好きな顔ではなかったな~。
この人結局、デミ ムーアと結婚したんだっけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です