COOKIE SCENE

ブレットのインタビューが掲載されているので、
久々にCOOKIE SCENEを買いました。
ブレットの歌うことに対する姿勢とか、
今後の自分の方向性について語っています。
この人、名前はブレだけどブレない人だ。
以前このエントリにてプリンスの話になりましたが、
このクキシンのインタビューで殿下のことにも触れています。
ブレットにとって好きなボーカリストなんですって、忘れられがちだけど。
そして何と、ブレットはANTONY AND THE JOHNSONSのアントニーの声も
特徴的でとても好きなのだそうです。
先日大阪にて、寝ぼけ眼で飛溺氏と
「ブレットのアルバムがアントニーのアルバムと近い」という話をしていたので、
タイムリーな話題で嬉しかったです。
この記事によると、ブレットは今後のツアーでは
Suedeの曲はやらない方向で行きたいようです。
以前はソロの曲数が少なくてSuedeの曲もやったけど、
そろそろ良いんじゃないかと思っているそう。
Suedeの曲がライブで聴けなくなるのは少し淋しいですが、
ワタシはブレットを信じているので、
どんな形であろうとも、ブレットが音楽を続けて、
時々日本でもライブをしてくれて、
歌を歌い続けてくれれば、それ以上の贅沢は言いません。
もう何があってもついて行くと決めましたから!
ブレットが
「売り上げ的にアルバムが成功したというよりも、
自分がやりたいことができているという点で成功している」
らしきことを言っていたのですが、
これは本当によく分かるし、だからこそついて行きたいと思いました。
売る気があるのかないのか分からない、
現代的な流行とはかけ離れたアルバムだけど、
自分がやりたいことをして、それについて来てくれるファンを
ブレットは大切にしたいと思ってくれてるんだろうな。
そういうのすごく嬉しいし、好きだ。
この人のファンでよかった。
どんなシチュエーションで聴くのがいいかという質問に、
パーティーで聴いたり、会話しながらBGMとして聴くのではなく、
曲としっかり向かい合って聴いて欲しいと言っていました。
ブレットの気持ち、しっかり通じてます。
聴くのに気合が入りすぎて、正座して聴いているファンもいるのです(笑)
そしてインタビューの最後でチラッとブレットが触れていましたが、
先日のカール バラーとライブで一緒に歌った頃から
あの2人何かよからぬことを計画しているようですねw
ブレットったら、あっちこっちで色んな人ナンパしちゃってw
そう考えると、Suedeはともかく、Tearsは
ブレットがバーニーがいたSuede初期に戻りたかったのではなく、
ソロアーティストとして、手始めにバーニーとコラボしてみたかっただけで、
バーニーとやるならやっぱりバンド?って感じで、
ずっと一緒にバンドとしてやるとかいうことは考えてなかったのかも。
この人も協調性なさそうだなー(苦笑)
カールとするなら何なんだろうなー、楽しみ♪

COOKIE SCENE」への2件のフィードバック

  1. 飛溺

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    殿下の影響を受けている、殿下LOVEなミュージシャンってアレコレいるけど、
    ブレットの殿下好きはどうも不思議でさー、他に類を見ないかも。
    そこんところ気になるし、オレも久々にクキシン購入しよっと。笑
    アントニーの件、寝ぼけ眼で無駄話ししたのも意味があったのかもねー。
    まさかの展開にビックリというか、「呼ばれた感」を抱いてしまうじゃないか!
    年内最後の例のライヴ、元のバンド曲を一切演らないそうで。
    それだけソロ転向後の作品に自信があるってなもんで、
    ファンも十分に納得しているってハナシ。
    ブレットもきっとそうなるんじゃないかなー。
    (そういやどこかしら似ているお2人さんな気がする)

    返信
  2. KAORIE

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    吉井さんとブレット、どっちも好きって人多いしねー。
    ブレットが吉井さんの音楽聴いたらどういうのかってのも気になる(笑)
    しかしワタシもいつものジャケ買いだったアントニーが
    ここまで色々繋がるなんて思ってもみなかったので、
    何か不思議だなー、やっぱり繋がるところは繋がってるなと実感したよ。
    ブレットってあぁ見えて、1つ自分の拘りさえ維持してれば、
    意外に節操なくなんでもOKなところがあるんだよねー。
    クキシンではInterpolのVo.も良いねって言ってた。
    ここのところ、このブログに殿下の登場回数が増えているので、
    これを機に「聴け」と言われてる気がするのだ(笑)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です