PAST & MONO MASTERS Vol.1

Past Masters Past Masters
(2009/09/09)
The Beatles

商品詳細を見る

これも1枚ずつ。
まずはVol.1から。
もう「SGT~」以来レビューだるくて堪らなかったんですが、
やっとここまで辿り着きました、Vol.1大好き!!
ビートルズ初期万歳!!
Love Me Do
これは全部シングルVer.ですね。
あんまり違いなし、ステ盤の音圧が高いくらい。
From Me To You
これはステ盤よりも87盤の方がまだマシ!!
「PPM」と同じような変なエコー、楽器の音小さすぎ、気持ち悪いーーー。
なんだこのやっすい音は(怒)
別テイクですかね、アンソロジー入りレベルですね。
Thank You Girl
このステ盤もおかしいです、声が片側からしか聴こえない上、
声が聴こえてる方から、突然ハーモニカが入ってきて、
しかもそれがラーメン屋のチャルメラみたいなんです!!
あと最後の「あーあーあー」のエコーがかなり変。
これも87盤の方がまだ何ぼかマシ!!
でもmono盤が一番音は落ち着いてるな~と思います。
She Loves You
これはステ盤もモノ音源なんですよね。
ビートルズ初期音源、無理してステ盤出すことなかったんじゃないのと、
「PPM」を聴いて思いましたが、PAST Vol.1でも思います。
I’ll Get You
地味に好きな曲です、これも全部モノ音源です。
まぁ、「Thank You Girl」みたいなことになるなら、モノ音源の方がいいです。
I Want To Hold Your Hand
これはステ盤がよくやったと思います。
mono盤もいいんですが、87盤が良くなかったですからねぇ。
Vo.とハンドクラップばっかり目立ってた87盤に比べて、
ステ盤は他の楽器の音もちゃんと聴こえるようになってます。
せっかく名曲なんだから、このくらいでやってくれよなぁと思いました。
もう87盤は過去のことです。
This Boy
コーラス系の曲、ステ盤に期待してたんですが、期待はずれでした。
Vo.は相変わらず寄ってるし、
何か3人のコーラスが分かりにくいことになってます。
あんまりVo.寄っちゃうと、左右でそれぞれ違う曲聴いてるみたいなんですよ。
mono盤が一番3人のコーラスが綺麗に聴こえます。
ステ盤だったらジョージの歌ってる中音部聴き易いかと思いましたが、
mono盤の方がずっと聴き易かったです。
Komm, Gib Mir Deine Hand、Sie Leibt Dich
87盤は音圧低いし、どーでもいい感じだったんですが、
mono盤のは結構ちゃんとしてます。
ステ盤はなんだ、この音の分離の酷さは。
リマスターの意味ないだろ。
Long Tall Sally
いいですねー、このポールは好きですよ。
87盤もステ盤も悪くないんですが、
やっぱりこの手の曲はmono盤の一人勝ちです、かっこいいです。
I Call Your Name
この曲はPASTの中で一番好きな曲と言っても過言ではない曲であります。
87盤に比べたらかなりステ盤も厚みのある音になってます。
が、mono盤が最強です、異論は認めんw
やや曲の雰囲気が暗めになってますが、
今回のmono盤でこの曲と、「エレノア」は大当たりです。
Slow Down
かなり古くから好きな曲です。
「Rock And Roll Music」聴いて好きになって、
その直後に980円とかで買ったCDに入ってて、その時からずっと好き。
改めて振り返ると、初期の曲に頭の天辺から爪先までどっぷりです(笑)
mono盤が音が分厚くて一番力あります。
音バラバラの87盤悲惨です、ステ盤の方がいいけど、
mono盤聴いたらどっちでも一緒です。
Matchbox
87盤聴いたとき、何か残念な感じがぬぐえなかったんですが、
mono盤で聴くと、この曲カッコいいんですよねー、惚れこんでます。
林檎のVo.、今回のリマスターでじっくり聴くとすごくいいです。
シブくて、聴けば聴くほど味が出ます。
I Feel Fine
この曲は87盤も悪くなかったんですよね。
ステ盤もあんまり変わった感じしません。
mono盤はすごくコンパクトにまとまってて、これはこれで◎。
好みの問題なんだろうなと思います。
自分はステ盤がいいかなと。
この曲のジョンのVo.が大好きです、色気あります、初期のジョン。
She’s A Woman
87盤がスタンダードの頃はあんまり好きな曲じゃなかったですが、
mono盤の音で聴くと、音ががっつりまとまってていいです。
何か87盤もステ盤も音がバラバラしてて聴きにくい。
Bad Boy
また、ジョンのこういう曲が好きなんですよね~♪
黙ってmonoだけ出しとけよと思います。
ジョンの後の嫁の某女史に今回のリマスターについて感想を聞いたら、
「後期(自分がジョンの人生に登場したころ)のが良かった。
初期のはもうすでにあったものだから」と言ったとか。
そんな某女史、この頃のジョンの歌唱とか、
「HDN」のステ盤をちゃんと聴いた上で、同じことを言うなら、
この人こそ、ジョンの音楽家としての魅力を分かってないと思うんです。
まぁ、こんな駄文、ネットの片隅でジョンへの歪んだ愛を叫んでるだけですから、
どーでもいいっちゃいいですけど。
Yes It Is
これもステ盤が期待はずれでした。
思ってた程のリマスター効果なしです。
mono盤で聴いてる方がいいです。
I’m Down
これはステ盤もなかなか。
ポールのはやっぱりステレオでも悪くないんですね。