THE BEATLES Disc 2

The Beatles The Beatles
(2009/09/09)
The Beatles

商品詳細を見る

Birthday
某女史の声が聴こえると、それだけで拒絶反応が。。。
あれはパティの声だと思うことにしています。
Yer Blues
これ、今回のリマスターで聴き直すまで、そんなに好きじゃなかったけど、
実はすごくカッコいいんですね。
mono盤、ジョンの叫びの迫力がすごいです。
あの勢いで、「孤独なんだ、死にたいんだ!」なんて言われたら
伝染するんでやめてくださいw
Mother Nature’s Son
ジョンの狂気の後にこのポールのオーガニックな曲は癒されます。
やっぱりステ盤がいいなー。
Everybody’s Got Something To Hide Except Me And My Monkey
ステ盤のハンドベルやかましい!
非常ベルかっつーの(笑)
Sexy Sadie
特別どの盤がいいってのはありませんでした。
Helter Skelter
林檎が最後に「指にまめができた!」って叫ぶのはステ盤のみ。
これがあるからステ盤の方がいいかなと思います。
曲自体はmono盤の方がずっしりしててかっこいいです。
Long, Long, Long
87盤のありえない音圧の低さに笑います。
何だったんだ、あれw
mono盤聴いてやっとちゃんとした曲の形が分かった気がしました。
ステ盤もあの無音に近い音の小ささは改善されてます。
当然だ。
Revolution 1
ゆるーいRevolution。
これもどの盤もあんまり差がない曲でした。
Honey Pie
ステ盤、ちょっと音が割れてる気がします。
mono盤がいいかなー。
この曲は好きです。
緩くて、ALOHAとかが歌っても、良さそうな感じです。
Savoy Truffle
スイーツ(笑)
こういうホーンセクションの曲大好きです。
ジョージ、こういう曲上手いな~。
ヒントを与えた甘いもの好きの虫歯のエリック某に感謝です。
mono盤で、ちょっと音量上げて聴くのが、
音がまとまってて、ものっそいかっこいいです。
Cry Baby Cry
mono盤の方が音がまとまってて聴きやすいと思います。
Revolution 9
うぶぶぶぶぶうぶぶぶぶぶ(笑)
どの盤で聴いても、気持ち悪い曲は気持ち悪いです。
ステ盤をヘッドホンで聴いてみてください。
ちょっとしたオカルト映画じゃ太刀打ちできない不気味さです。
ってか、こんなん曲じゃないw
人生で2回しか全部聴いてません、初めて聴いたときとmono盤来たとき。
ステ盤来た時は最後まで聴こうとして挫折しました。
この曲は、KAORIEには、存在しないことになっているのです。
なのに、あの「ナンバーナイン、ナンバーナイン・・・」が忘れられないという。
怖すぎる、小学生にはトラウマだぜ。
Good Night
「ナンバーナイン」のまま終わったらとてもいい夢見られそうもないですが、
この林檎Vo.の子守歌は神ですね。
これを「ナンバーナイン」と同じ人が書いたとは思えないです。
ジョンは林檎にどんな曲歌わせたらいいか、ちゃんと分かってるんだな~。
mono盤がいいとかステ盤がいいとかではなく、
もうこの曲はこのタイミングだったら、音質なんかどーだっていいです。
「ナンバーナイン、ナンバーナイン・・・」のループを断ってくれるだけで十分です。
グッナイト、グッナイト、エブリバディ、エブリバディ、エブリバディ、グッナイト・・・