ビートルズ続報その?

ビートルズリマスター盤発売祭りが世間で始まった辺りから、
このブログの1日のアクセス数が通常の倍くらいになってます。
今日なんか正午前にすでに50越え、過去最高です。
通常過疎ブログなんで、小物の拙者、かなりビビッてます。
殆どビートルズのBox関連の検索でいらっしゃってるようですが、
大した情報なくて誠に申し訳ございませんです。
昨日は旧盤とモノを聴き比べながら、iTunesとにらめっこ。
気付いたら10日午前1時近くでした。
中途半端に終われないので、「Rubber Soul」まで全部聴いて寝ようと思ったんですが、
テンション上がりすぎて眠れずに、
ベッドの中でipodで聴いていました、2時まで。
お陰で寝不足ですが、通勤時に「Revolver」をiPodで聴いていたら眠気飛んだ。
「Help!」は冒頭のタイトルトラックが旧盤と別トラックでした。
あと林檎が歌う「Act Naturally」が妙に可愛いことになってます。
モノラルだとすごく音が優しいんですよね、いいです。
でもそれ以外はそこそこかなー。
ただやっぱりビートルズの前期はモノラルが聴きやすいです。
旧盤でどうも慣れないとか不快だったところが、モノラルだと感じません。
「Rubber Soul」は「Think For Yourself」のギターがざっくりしてカッコいい!
「In My Life」のジョージ マーティンが弾くピアノソロが古めかしくなってて、
かなりいい雰囲気です。
あと、「Michelle」と「Girl」がおフランスになってるw
後半が古いヨーロッパの映画のような気だるい雰囲気なのは旧盤もですが、
更にその気だるさが増しているんです。
あと「If I needed Someone」のコーラスも旧盤だと左右で声が分かれていて、
聴いててこれも酔いそうになってたので、モノが◎
今まで「For Sale」が一番暗いと思ってたけど、
実は「Rubber Soul」の方がどんよりしているという発見!
そして「Revolver」!
今のところモノラルで一番感動したのは「Eleanor Rigby」!
これ旧盤が最悪で、最初の♪Eleanor Rigby♪ってところが、
「エl」ぐらいまでは左右両方から、その先が右だけ、
その後の♪All the lonely people♪からまた両方Vo.が聴こえて、
あの気持ち悪さと来たら、曲自体嫌いになるレベルだったんですが、
モノラルだとそれがないんですよね!
あの曲、クリアな音で聴くより、モノラルの柔らかい音の方が
イギリスらしくてどんよりしてていいです、
そしてこれも新たな発見ですが、モノラルの「Eleanor」は、
モノラルの「Rubber Soul」に入ってて欲しいような音です。
モノラルでもなんかサイケな「Revolver」よりも、
古いヨーロピアンな「Rubber Soul」にピッタリです。
で、「Revolver」は「Tommorow Never Knows」とか「Love You To」とか、
「She Said, She Said」のようなサイケな曲があって、
モノだったらそういうのどうなんだろうと思いましたが、
モノでもそんなに悪くないです。
あと「Taxman」のギターのザクザク感が堪りません。
次は「S.G.T.」です。
何か完全に別トラックの曲もあるとかで楽しみにしていますが、
このアルバム、あんまり好きじゃないんですよねー。
歴史に残る偉大なアルバムであることと、
好きなこととはまた別問題とでもいいますか。
あ、でも「Within You,Without You」は大好きです。
で、某巨大掲示板を見ていたら、
ステレオ盤だとジョージのインド音楽が偉いことになっているらしく、
今まで「Within You~」殆ど聴いてなかった人が驚いたとか。
シタールはステレオ向きなのかもしれないなー。
「Love You To」でもそう思いました。
そんなねぇ、「Within You~」がステレオだと大変なことになっているとか知ったら、
モノ買ったから当分ステレオ盤いらねーなんて言ってられません。
早く聴きてええええええ!!!
本日、正午過ぎの時点で、アクセス数60超えました(驚)。
ご意見ご感想などあれはぜひコメントや拍手ください~。