LET IT ROLL/George Harrison

オールタイム・ベスト オールタイム・ベスト
(2009/07/08)
ジョージ・ハリスン

商品詳細を見る

やっと届きました、ジョージのオールタイムベスト、「Let It Roll」です。
ジョージのベストといえば2枚出ていて云々という話は以前書きましたが、
これが3枚目。
ようやく、レコード会社を超えて「ジョージのベスト」のリリース。
それでも「この曲は入れてくれよ、オリヴィアーーー!」ってのも数々。
そこは少し残念な点もあるんですけど、
とりあえず、ジャケットが過去の2枚に比べて格段にかっこいい!!
いやー、いやー、これは飾りたいですね~~~。
この顔、非の打ちどころがないですね~~~。
ライナーに書いてあったのですが、ジョージの他界後のインタビューでオリヴィアが
「ジョージの顔が好きなので、もっと見ていたい」と言ったとか、
「ジョージの声が好きです」と言ったとからしいのですが、
分かる、分かるよ、オリヴィア!!!
麗しいジョージの顔見てるだけで幸せですから。
も1人のビートル未亡人は無理だけど、オリヴィアとは仲良くなれそうです。
仲良かったら、このベストに入れる曲に悉く口出ししたと思います(笑)
世間の評価はともかく、自分はジョージのソロで「All Things Must Pass」の次に好きな
「Gone Troppo」からの曲がないとか納得行かない!!とか、
「Here Comes The Sun」がライブVer.とは言え収録されてるのに、
なぜ「Here Comes The Moon」が入ってないんだ!!とか、
細かく言い始めると、「ATMP」から「Brainwashed」までコンプリートのBOX出した方が
いっそ良いんじゃないかとすら思うわけですが(笑)
1枚は未発表曲、面白デモ音源、別テイクばっかり集めてボーナスディスクにするとか。
そしてこのアルバムには「「I Don’t Want To Do It」という曲が収録されています。
この曲は「ポーキーズ/最後の反撃」という映画のOSTに収録されていた物で、
友人、ボブ ディランの未発表曲のカバーなんですって。
メロディはディランっぽいけど、アレンジがもろにジョージで何だか妙です(笑)
ジョージとディランは「ATMP」の1曲目で究極の美メロを聴かせてくれましたが、
相性いいんだろうな、この2人の音楽性って。
ブックレットに関して。
ブックレットの写真はお髭のジョージが多いです。
せっかく麗しいお顔が見えないので、お髭ジョージってあんまり好きじゃないんですが、
1枚帽子かぶった長髪髭ジョージの写真があって、
それが尋常じゃなくきれいなんですよねー。
長髪髭とか暑苦しくて嫌いだけど、ジョージは許す!!
特にこの写真のジョージは許すどころか、大いにあり!!
ただ、どうしても分からないことがあります。
ここを読まれているジョージファンで「Let It Roll」買って、
ブックレットご覧になった方にお聞きしたいんです。
コメントか拍手コメント頂けたら嬉しいのですが、
ブックレットの1ページ目の写真です。
あれ、ジョージだと思いますか、ダーニだと思いますか?
ジョージの熱狂的ファンを名乗りながら情けないことに、
どっちか見分けがつかないという体たらく(汗)
写真の雰囲気は古そうですが、加工って可能性も・・・。