All These Choices

北欧ブラジリアンなんてわざわざ「どっちなん?!」ってツッコミ入れたくなるジャンルですが、
去年はロマン アンドレンにしっかりはまりまして、
このブログにも結構な頻度で登場いたしました。
そのロマン アンドレンの関係者ということで、先日発見したのが

オール・ディーズ・チョイシズ オール・ディーズ・チョイシズ
(2009/04/02)
インゲラ

商品詳細を見る

インゲラ ヤンソン嬢です。
ロマンの「Juanita」で作曲に携わったことがあり、
この「All These Choices」ではロマンがミックスをしています。
アルバムのタイトル曲を先日のbruit blancでもかけましたが、
この「All Thse Choices」って曲が気だるくて大好き。
最初試聴したとき、全体的にピンと来なかったんですけどね。
「北欧ブラジリアン」というより、「北欧ジャズ」ですね。
ジャジーな雰囲気の漂う、夜が似合うアルバムです。
bbで掛けるか掛けないか、家ですごく悩んだのですが、
DJリレー枠で結局掛けられました。
北欧でジャズということで、もう1枚気になっているアルバム。

WALKOVER WALKOVER
(2009/04/08)
ユッカ・エスコラ

商品詳細を見る

フィンランド=メタルというイメージが強いですが、
そんなイメージとはかけ離れたトランペットサウンド。
いいねー、ホーンセクションのある音楽大好きです。
ユッカ エスコラThe Five Corners Quintetというジャズクィンテットに所属しているそうです。
まだ買えてません、でもタワレコ行く度に試聴機の前で買うかどうするか迷います。
こういう人たちをビルボードライブで観たかったんですよねー。
やっとそういう音楽が好きになり始めたのに、ビルボードライブ福岡閉店(凹)
先日のALOHAが最初で最後のビルボードライブでした。
北欧はポップやロックもさることながら、ジャズも熱いですね。
熱いけど、決して暑苦しくならず、涼しげなところがさすがです。
今年も北欧から目が離せません。
いや、いつもですけど。
その結果、こうですけど(笑)
もはや音楽のこのジャンル、あのジャンルが好きというより、
「北欧」というジャンルが自分の音楽嗜好には確立されているようです。
ロックもあり、ポップもあり、メタルもあり、ジャズもあり、
ブラジリアンもあり、共通点は北欧ってな風に。
「北欧演歌」なんてのが出て来ても聴いてそうですね(笑)

All These Choices」への2件のフィードバック

  1. アシヲタ的な。

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    もう、ヴォカコフさんには感服。ホント。
    まさか、アンドレンの名が出てくるなんてさ、思いもせず・・・
    あっしの本業もいかに勉強不足か頭が下がりっぱなですよ。
    実は、あっしも北欧のJAZZ注目ネタはどうしても外せないトコで・・・
    売れないとわかっていながら、輸入をつい入れてしまうという
    密やかなる愛を北欧JAZZに捧げております。笑
    JAZZ聴いてて、常日頃興味深いのは
    FUSION(当時で言うクロスオーバー)誕生期である70年代以降のJAZZって
    インプロっつー至極曖昧な原則を根底として成り立ってきたワケですよね。極端な話。
    んで、それ以降のクロスオーバーという言葉のもと、変化してきた  -無論リアルタイムを知るわけではないので、あくまで私個人の大まかな認識ですが- JAZZって実に、それぞれのお国柄が出てて
    (より、正確に言うなら、その国が経てきた音楽史的変遷が表れているというか・・・)
    ホント面白いんですよね!
    それはあっしが、JAZZを担当して心から良かったと思う事の一つでもあり、
    大げさなことに言い換えるならば、それは・・・
    JAZZに出会い、世界の近代音楽史を学べるなんて!
    という。笑
    ロマンとか、おおーまかにクラブ系に属されるもの以外にも
    北欧JAZZのお国柄が表れている作品というと・・・・
    ヴォーカルものに多いんですが
    いわゆる北欧の最近の"POPJAZZ"など属されるものをきくと、
    ナニがJAZZなのか、
    ナニがトーレヨハンソンと違うのか、
    はてまたカーディガンズと違うのか(←この辺、単なるの私の識が浅いだけなんでしょうがw)
    わからないほど、一般的JAZZ要素の香りも無い作品が多くて・・・。
    結局のところ、余計に気になっちゃうんですよね。純スタンダードを差し置いて。笑
    そんな北欧JAZZ万歳。
    長文失礼しました。m(__)m

  2. KAORIE

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやー、ワタシは偶然店頭で通りがかったらジャケットが印象に残って、
    聴いてみたら良かったから買うというだけなので、
    勉強も何もあったもんじゃないですよ~。
    ジャズは追求しだすとどツボに嵌りそうで避けて通ってたヘタレですし(笑)
    過去も未来もどんなジャンルも飛び越えて、
    色々知りたいことが増えそうなのがおっかないです、ジャズってやつは。
    北欧ジャズってのもまだ聴き始めたばかりなのですが、
    たまたま自分が好きで聴いているアーティストやバンドやユニットが
    「北欧ジャズ」のカテゴリにあるってこともよくありまして、
    「これはジャズなのか!?」ってのも、アシヲタさんが仰るとおり多いんですよ。
    エレクトロニカやクラブミュージックと、北欧ジャズってのは、密接な関係にあるのかなと、
    適当なところで手を打つといいんですけど、
    そうも行かなくなってくるんですよねぇ、困ったことに(笑)
    去年、ジャネット クラインのライブを観たのを境に、ジャズに興味を持ち始めて、
    このタイミングでアシヲタさんに出会う、これは何か運命を感じます(笑)
    まだまだ初心者以前の段階ですが、今後とも色々教えてください!!

コメントは停止中です。