The Crying Light/Antony And The Johnsons

Dのジャケ買いヒット率の高さは天下一品と自負しておりますが、
ジャケ買いをするにあたって最も重要なのは
何を隠そう、目にした瞬間感じる嫌悪感などのマイナスイメージです。

Hagnesta Hill Hagnesta Hill
(2004/07/20)
Kent

商品詳細を見る

このジャケットはそのパターンの最たる例ですが、
何というか目にすると同時に背けたくなるのに、
つい手に取ってまじまじと見てしまうような。
このアルバムの女の子の視線は夜中の和室の床の間にいる
なぜか髪が伸びている日本人形がこっちを見ている気がする、
そんな感じでした。
まさに「怖っ」ってとこだったし、何度行っても見てる気がする、
昨日はフランツの新譜を買うつもりでタワレコに行って、
店内をぐるっと一回りしていたら、久々にそんなぞっとするジャケ発見。
何だか引き出しの奥深くで封印されていた嫌な記憶を
無理やり呼び覚まされたような嫌悪感。

ザ・クライング・ライト ザ・クライング・ライト
(2009/01/23)
アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ

商品詳細を見る

ポップにビョークが何とか書いてあって、うわービョークはいかんなぁと思いつつ、
別にビョークが歌っているわけではなさそうだったし、
どうしても買わなくちゃいけない気がしたのでお買い上げ。
アントニーのユニセクシャルなVo.も、
古風で荘厳なストリングスやピアノもこれしかないという感じ。
潜在意識に訴えかけるように色んな音が聞こえたり。
こういう音楽を密室で、あのジャケットに見入ったまま、
大音量で聴いてみたいです。
間違いなく、最終的に発狂するんだろうと思いますが。
ジャケットの方は大野一雄さんという日本の舞踏家です。
果たしてこのジャケットの人物が男性なのか女性なのか、
若者なのか老人なのか、そもそも人間なのか人形のような物なのかも
一瞬見ただけでは分からなかったのです。
そしてこの大野氏以外何もない、判断基準が何もない不気味さ。
でもこんなのをいつの間にか「美しいな」なんて思っているのだから、
「美しい」ってことはどうしてこうも全てが不明瞭で歪なのでしょうか。
2009年のベストアルバム10枚に確定です。
・・・それにしても、なーんか忘れてるんだよなー。

The Crying Light/Antony And The Johnsons」への6件のフィードバック

  1. 飛溺

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    アントニーはほんまええな!
    KAORIEもきっと好きなはずと思ってた。
    bbブログの「ゲイ音楽100選」にも書いたけど、
    2000年代で最も好きなLGBTシンガーはアントニーですぜ。
    去年イチバン聴いた唄声もアントニーだし。
    「Hercules And Love Affair」ってバンドにゲスト参加したやつね。
    あと他にもルー・リードのとかマーク・アーモンドのとか、
    ゲスト参加した名盤が数多いので追々聴いてみてー。
    フランツの新作は「頑張って」聴いております。。。笑

  2. THALOW

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    フランツの新譜もなかなか良いですよ(笑)

  3. KAORIE

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まことに失礼ながら、「ゲイ音楽100選」に
    入っていたとは記憶しておりませんで、何っ?!と思って
    bbブログを再確認、そしてググった。
    そうかー、そうだったのかー、ゲイというか、
    ご自分ではアンドロジニーだと言われているのだとか。
    むぅ、ジャケ買いでそこまで分かってしまうとは、
    オレのジャケ買い能力の高さ恐るべし(笑)
    今後細かく音源をチェックしたいと思っておりますです。
    しかしよく「KAORIE好きそう」って分かったねー、それもまたすごい(笑)

  4. KAORIE

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > フランツの新譜もなかなか良いですよ(笑)
    そうだろうなーと思って、買おうとしたら・・・(笑)

  5. 東雲

    SECRET: 0
    PASS: 3d6508ecd3f802bcaa88f37ac6a8982e
    怖れをなして買わない人も多いんじゃないか?と思うほど
    毎回、不気味で強烈ですね(笑)
    だけど、ずーと眺めているうちに
    愛着が湧いてくるから不思議なんですよね(笑)
    ブルースのように深く悲しい曲調なのに優しさを感じます
    なんだかスピリチュアルな世界にいざなってくれるような
    心の奥に入り込んでくる音色なんですね
    ビブラートの聴かせ具合にもやられました
    私もフランツの新作は結構好きですよ(^.^)

  6. KAORIE

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    白黒のジャケットの雰囲気は好きなんですよねー。
    モノクロ、サイレント時代のハリウッド映画みたいで。
    ただ、あの1stの青い大仏様みたいなのはどうなんだろう(笑)
    AMAZONのレビューでも評価高いし、
    ぜひ聴いてみようと思っています。
    線が細いようで、曲によってはソウルフルな声は
    じわっと心に染みます。
    過度な装飾もなく、シンプルな曲揃いで、
    ジャケットの雰囲気とも合っているなーと思いました。
    人は見た目では分からないと言いますが、
    それでも外見に人となりが表れるのと、
    音楽とそのCDのジャケットの関係も同じなのかなー。
    今回はうっかり買い忘れたけど、フランツ大好きなんですよー。
    皆さん信じてねー(笑)

コメントは停止中です。