ネコとネズミ

「トムとジェリー」実写映画化
実写?!
ネコをハンマーで潰してペラペラにしたり、
テーブルにぶつかってテーブルの形にしたり、
目玉飛び出させたり、体切り刻んだりすんの?!
動物愛護協会黙ってないでしょ?!
・・・と思ったらCGですって。
あれ、それって実写・・・?
「トムとジェリー」は子供の頃に観ていた数少ないアニメです。
夕方4時半くらいの再放送枠でしょっちゅうやってました。
今でも時々目にすると真剣に観てしまいます。
ねずみのジェリーごときにボコボコにされて、バカなの?と思ったら、
ピアノは弾くし、指揮棒振るし、スケート滑るし、
非常に多才なトム、可愛いっ。
しかし実写じゃなくて良かったとは言え、
CGでも結構えぐいことになりそうですねー。
CG映画ってあの中途半端なリアルさ加減が気持ち悪くて全然観ないのですが、
これは怖いもの観たさで観たいような、やっぱり観なくていいような・・・。
何より、近頃のアメリカメジャー映画業界、リメイクばっかりですね。
そんなにネタないんですかね。
まぁ映画界、アメリカに限らず、バカみたいに
小説→ドラマ化→映画化(順不同)作業やってる我が国とか、
カバーがアホみたいに流行してる音楽界とか、
あちこちでネタ切れってことですね。
ネタ切れならいいけど、視聴者なめての手抜きなんてこともあり得ますね。
やっぱり観なくていいや。
DVDでも借りて観とこ。
話は違いますが、
この頃お友達の日記やブログにコメントする余裕がなく、
踏み逃げ読み逃げ続いてスミマセン。
色々コメントしたいことも多いのですが。
でもいつも読ませていただいていますので、
またまとめてウザイくらいコメント入れさせて頂きます。