Acoustically/Suede

先日のブレットのライブの余韻に相変わらず浸り続け、
もうそろそろ皮膚もふやけてきた感じですが、
まぁ、もうしばらく抜けられないことでしょう。
ということで、あるSuedeのアルバムをご紹介。
確か2002年のサマソニで東京へ行き、
その時に新宿のPOPBEATに行った時だったと思います。
偶然見つけたアルバムなのです。
Acoustically/Suede
3rdの「Coming Up」と4thの「Head Music」の中の数曲を
アコースティックライブで演った音源。
これがなかなか音質もいいし、ライブ盤としてはいい出来です。
また先日のブレットのライブでも聴いた
「Trash」や「Everything Will Flow」「Saturday Night」
「By The Sea」の音源も収録されていて、
ライブの復習、余韻に浸るにはいい1枚です。
「By The Sea」のピアノが美しいんだよなー、この前のライブもだったけど。
贅沢をいえば、このCDを聴いていると、
「Down」と「She’s In Fashion」をライブで聴いてみたかった・・・。
このCD、とてもいいんだけど、難癖付けるとしたら、
裏の曲目のスペルがめちゃくちゃなんですよねー。
↑のリンクからでも観られますけど。
まぁ、それを補って余りある、グッドタイミングな1枚です。
機会があればぜひ聴いてみてください。
御要望があれば、僕から○〇しますので、ご遠慮なくおっしゃってくださいねー(笑)

Acoustically/Suede」への2件のフィードバック

  1. 東雲

    SECRET: 0
    PASS: 3d6508ecd3f802bcaa88f37ac6a8982e
    余韻が抜けきれないです
    あの場にいられたのが今では夢のようで
    思えばライブの余韻がこんなにあとを引くというのは
    ものすごく久々な感覚です
    本当にもう。。。
    どこにこの思いをぶつけていいのか分らず
    KAORIEさんの所に来ちゃいました(^^ゞ
    このCDのセトリ最高に素敵ですね(*^^*)
    ホント余韻に浸るのにはもってこいの一枚です
    まぁ、確かに曲目のスペルを見ると笑っちゃいますが(^^ゞ
    Suedeの頃にもこんなに本格的なアコースティックライブを演じていたんですね
    ニールやリチャードにも会いたいなぁ。。。

  2. KAORIE

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうですねー、まだブレットの姿が目の前でチラチラして、
    現実に戻るために別のことをしようとか、
    別のライブ観れば戻れるかもとか、
    そういう努力をする気が全く起きません(笑)
    「Europe Is Our Playground」を聴いては涙する日々です。
    東雲さんはもうすぐ吉井さんのライブですよね?
    このアルバムでもブレットのVo.はこの前のライブ同様
    絶対的なカリスマ性放ってます、「Down」が素晴らしい!
    ライブの最後の最後に「Trash」来るときに、
    アコースティックで「Trash」って無理ないか?!と思いましたが、
    このアルバムの存在をすっかり忘れていたのです、ダメな奴だ<自分。
    サイモンはFutonにいて、
    マットはブレットと一緒にライブやったりして、
    ニールは時々音楽活動の話を聞きますが、
    リチャードはどうしてるんでしょうね。
    バーナード去った後のSuedeを支えた、若き偉大なギタリスト、
    このまま埋もれて欲しくないなー。
    Suedeが仮に再結成するとしたら、自分はですが、
    ギタリストはリチャードにやってほしいです、バーニーではなく。
    で、バーニーはプロデューサーで(笑)

コメントは停止中です。