愛娘の憂鬱

この1週間で仕事終わって直帰したのがたった2日だったり、
KentのBOXが来たり、その他諸々続いて、
今日も約1年ぶりにOrangeに行きますし、
水曜日の夜は映画「東南角部屋二階の女」を観に行って、
土曜日はbruit blancのため大阪に行きますし、
それまでに色々心の準備とか何とかあるので忙しいと思われます。
そんな日常が続いていたので、可愛い愛娘のウクレレを
しばらく触っておりませんでした。
またしばらく触れないと思いまして、
ご機嫌を損ねてはいかんので、昨晩と今朝と弾いていたらどうも様子がおかしい。
すでにご機嫌斜めのご様子です。
Kentにやきもち焼いているんでしょうか。
チューニングしながらもどんどん音がずれているのはなぜでしょうか。
チューニングで螺子を回して音を鳴らすと
「ぶおぉぉん」と変な音を立てながらジワッと音が下がるのです。
どうやら2弦のペグの螺子がかなり緩んでいたようで、
螺子を閉めてみたら、今度は1弦、3弦、4弦が次々に緩む。
やっと弾けるようになった「Crazy G」を弾きながらも
どんどん音が怪しくずれていくのも不気味です。
うわさには聞いていましたが、
やっぱり安い(というかタダでGET)楽器ってのはそれなりなんでしょうか。
もちょっと良いのが欲しいけど、
可愛い娘なのでもうすこし辛抱しようと思います。
やっぱり最低2万円は出さなくちゃだめだろうなー。
しかしウクレレにしろ、自転車にしろ、家にしろ、
人が使わなくなるとどうしてあんなに傷みが早いのでしょうか。
人間も同じことかと思いますけど、
乱暴に扱ってても、何も扱わないよりは傷まないのが不思議でなりません。
常に使ったり、触れたりすると愛情が伝わって、
愛情こそ物や人の寿命を長く持たせる秘訣ってことかしら。
安いウクレレの話から横道にそれましたが。
今はとりあえず高いウクレレ買うより、手元にある愛娘に
もっと愛情注ぐことにします。
これから1週間、またあちこちに出没すると思いますので、
見かけたら遊んでくださいね~。