Candlelight

今年もこの季節がやってきました。
博多灯明ウォッチングです
オフィシャルサイトはまだ更新されていないようですが、
今年のスケジュールはこんな感じだそうです。
一応こぴぺ。


博多灯明ウォッチング
毎年、10月下旬頃に、地域の住民主体で、
博多の夜の風景を数万個の灯明が幻想的に照らし出すイベントが行われています。
博多部一帯で、神社仏閣をはじめ、
昔ながらの通りで蝋燭(ろうそく)が通りを照らし、
いくつかのスポットでは巨大な灯明の地上絵が出現します。
■開催時期:10月18日(土)・25日(土) いずれも18:00~21:00
■場所:18日(土)=博多部一帯(福岡市博多区)、25日(土)=御供所地区
■主催:博多部まちづくり協議会
■「博多灯明ウォッチング」とは:蝋燭(ろうそく)を使った灯明で
夜の博多の町を照らし出す幻想的なお祭りです。
数万個の灯明が、古い町並みを照らし出し、
町はいつもと違うたたずまいを見せてくれます。
いくつかのスポットでは、約5000個の灯明で、
直径約80mの巨大な地上絵を描きます。
このお祭りは「千灯明」という行事がルーツになっています。
これは、神社やお寺などに灯明を並べ、家内安全を祈願するというものでした。
平成6年、博多部の4地区(御供所、冷泉、奈良屋、大浜)の連合体である
「博多部まちづくり協議会」が設立されたとき、新しいまちづくりの象徴として、
「千灯明」をヒントにした「灯明ウォッチング」が始まりました。
毎年開催を重ねるにつれ、博多の秋祭りのひとつとして、
市民に広く親しまれるようになっています。
地域の方をはじめ、多くのボランティア、
企業の皆さんのご協力のもとに開催されています。
また、灯明の配置や地上絵のデザインには地元の芸術家が協力しています。
日  程: 2008/10/18~2008/10/25
問い合せ先:092-281-2245(冷泉公民館)
※当日は作業のため不在


今年はベイサイドの方へは行かず、
御供所、奈良屋、冷泉(櫛田神社周辺)を主に回ろうかなと。
去年櫛田神社周辺は時間が間に合わずにいけなかったのが、
どうしても心残りだったので。
秋の夜長を蝋燭の灯火でゆるりと過ごしましょう。
18日に仕事帰りにフラフラっと歩いてみようと思ってます。
会社と近くて良いんだなー、このイベント。