なぜか突然ビートルズ

「Ain’t she sweet」

ジョージ ハリスンがウクレレ大好きだったと知ったのが、
ウクレレを始める大きなきっかけでありました。
その次がジャネット クライン嬢。
ジョージって人はオーガニックな音が似合うので、
ウクレレも異様に様になってます。
ジョージの声がまたウクレレに良く合います。
ジョージの追悼ライブでポールが「Something」をウクレレで演奏しました。
これに関しては上手いとか下手とか
そういうレベルで語ることではないのは分かってますが、
ジョージに比べてポールのウクレレはどうもちんちくりんな感が否めません。
ていうか、「Something」って曲自体ポールに合わない(笑)
いまやビートルズファンというよりジョージファンなので、
学問レベルでビートルズ研究している人にしてみれば
「お前の言ってることはおかしい」かも知れませんが、
そういう異論反論正論興味ありませんので、
以下、それを踏まえて読んでくださいね。
ビートルズの音楽をビートルズらしくしていたのは
ジョージとリンゴという地味目メンバーだと思います。
ジョンとポールはフロントマンとか、
ビートルズのバンドとしてのイメージを確立するためにはなくてはならなかったけど、
純粋に音の面でビートルズをビートルズたらしめていたのは
ジョージとリンゴです。
ジョンとポールのソロはビートルズのにおいを感じませんが、
ジョージのソロには色濃く感じます、ドラムでリンゴも参加しています。
「Yesterday」はポールのソロでも良かったけど、
「Something」とか「Here Comes The Sun」はビートルズじゃないとダメ。
分かってくれる人には分かると思うんですけどね。
「Anthology」でビートルズが「再集結」して新曲レコーディングしましたが、
もしもあのときに亡くなってたのがジョンではなく、
ジョージやリンゴだったら、あの企画は成り立ってなかったと思います。
何でって言われても困るんですけど。
一般的なイメージとして、このバンド=このメンバーってのがあっても、
そのバンドの音に絶対必要な音を出しているのが、
そのメンバーとは限りません。
地味でもそのバンドの音の基盤となり、担ってる人がいるってことです。
そういうメンバーをバンドが欠いたときに、
バンドがちゃんと成り立つのかどうか。
無理です、身も蓋もないけど。
2人亡くなってるからとか、人数の問題ではなくて、
ジョージって人が亡くなってることを考えると、
例えジョンが生きてたって、ビートルズの再結成はもう無理でしょう。
盲目的なジョージファンの戯言です、すみませんでしたね。
ジョージとウクレレからずいぶん脱線しましたけどね。
ジョージみたいに軽やかにウクレレ弾けるようになりたいです。
やっぱり僕はジョージが好きだなー、本当に。
昔はそのルックスがいいと思ってたけど、
どんなに老けてじー様になっても、ウクレレ弾く姿がこれほど様になってると、
若い頃を凌ぐよさがあると思いますねー。

なぜか突然ビートルズ」への2件のフィードバック

  1. M-108

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なるほど、
    そういう考え方もあるのか…。
    音楽の好みが偏ってる僕はbeatlesあんまり知らないんですが、
    バンドって全体のバランスがあるから格好良い。
    そういう意味で共感できます。

  2. KAORIE

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    人間が複数集まるということは、それぞれ役割が生まれますからね。
    ある意味「何もしない、口出さない」人が居ても、
    それがその人の役割なのだと思います。
    その代りにちゃんと仕切る人は必要ですし、
    地味だとか目立たないからと言って、
    比重が軽いなんてことはないんですよね。
    好き嫌いかは置いといて、ビートルズが歴史に残っているのは、
    ジョージのインド(楽器)への傾倒、そこから新しい音が生まれたからだと、
    ジョージファンは信じておるのです。
    彼がいなかったら、いくらジョン レノンが偉大なロックンローラーでも
    ビートルズは今ほどの地位はなかった!(断言)
    あ、つい熱くなってしまった・・・

コメントは停止中です。