“Ready For You”Japan Tour 2008 JANET KLEIN & HER PARLOR BOYS

まず拍手レスからいっとこか!
>jojoさん
ジャネット クラインのライブ、29日でしたよー。
jojoさん行けましたか? 会場で御姿探したけど、
いらっしゃらなかったようなので・・・。
ちゅーことで、昨日のライブレポ!
会場は中洲のGate’s7です。
この複合施設の7Fにあるのですが、ほとんどテナント入ってなくてスカスカです。
まぁそれは良いとして。
会場のGate’s7はテーブル席とかカウンターとかソファー席があって、
お酒飲みながら、食事しながらライブを観られるところです。
大人な雰囲気、Blue Noteとかあんな感じだったんだろうなー。
入った途端にビールが飲みたくなりました(笑)
19:30開演で、まず最初に登場したのは、
地元のバンドのALOHA
先日マイスペで聴いて、ジャネット嬢のライブのサポートとしては
実にいい雰囲気のバンドだなーと思って気になっておりましたが、
このバンドは素晴らしかったです、真剣に惚れた(笑)
良いから黙ってマイスペの音源聴いて!
良い感じに酔いも回ってるし、音楽良いし、これぞ極楽。
で、「酒の歌」と言ってカバー曲をやったんだけども、
知ってる曲だーと思ったら、憂歌団「おそうじオバチャン」ですよ。
そう、アナゲイCDにも収録されてましたねー、俺的ヒットです。
そしてALOHAのステージの途中で、客席にいたジャネット嬢乱入(笑)
東京や横浜では歌わなかったらしいのですが、
ALOHAと一緒にあの「銀座カンカン娘」です。
直前に音合わせしたとかで、歌いだし間違ったりしてましたが、
もう本当に和気あいあいとしてて最高。
ALOHAは9月の夏の終わりのSunset Live 2008に出るそうです。
初日だと? 行けんじゃないか(凹)
行く人、観て来てください、絶対気持ちいいです。
で、今日のメイン、ジャネット クライン&パーラーボーイズ。
・・・が始まる前に、相席していた外国人1人と日本人女性2人が
スタッフと思しき日本語の達者な外国人と
フジロックについて色々話してました、べた褒め。
ジャネット嬢もMCで「フジロック最高!」って何度も言ってました。
フジロックで「も」観たかったなー。
そのフジロックでジャネット嬢のライブを観た某溺氏が
「常に制止することがなくて、林家パー子とか篠原ともえみたい」と
メールを送って来てくれたのですが、あぁ、こういうことかと(笑)
髪にはお花の飾りをつけて、ワンピースの裾ひらひらさせたり、
タップダンスみたいに軽やかなステップ踏んだり、
「きゃー」とか「あー」とか声あげたり、妙に日本語が飛び出す率が高いとか、
本当に「カワイイ」の一言!
ひらひらふわふわしてて、お花みたいな人です。
歌詞の一部を日本語で歌ってるのも多かったです。
ジャネット嬢が日本をホントに好きでいてくれるのが伝わってきます。
しかし、そんなひらひらふわふわしたきゃわゆいジャネット嬢。
かなりの酒豪とお見受けした。
「ビール!!!」とか
「オトコヤマー」なんて言い出した時には何が起きたかと思いました(笑)
そして歌い始めたのが「酒が飲みたい」by バートン クレーン。
こんな歌詞の歌ですけど。
♪  酒呑みは 酒呑めよ 酒があれば オイなまけ者    
           水はとてもおいしいが  酒呑めば 僕 楽しい
            万歳! 乾杯! 養老の滝が呑みたい
             もしなければ 酒徳利 酒呑め 酒呑めよ   ♪
wwwwwwwww
フジロックでも歌っとんのかい(笑)
言うことなし!!!
ジャネットさいこー!!!
で、パーラーボーイズの3人もとってもキャラクター立ってて素敵でした。
変なバイオリンを弾くドイツ人のベネディクト、
サイレント映画なら絶対悪役なウッドベース(ホーボーって呼ばれてた)、
口笛の天才で、白髪が素敵なジョン。
ジョンがラジオのデューク エリントンのマネをしたんだけど、
あれは圧巻!!
人間ジュークボックスです。
白髪の紳士だけどもアンコールに出てくるときにステージで隠れて回ったり、
とってもチャーミングです。
ベニーさんのホルンとバイオリンが合体したようなへんてこりんな楽器は、
もうずいぶん歴史が古い楽器なのだとか。
終始和やかムードで、観客がジャネット嬢とパーラーボーイズを大好きだし
ジャネット嬢も日本大好きだし、
演奏する側と観る側が和やかに両想いの良いライブでした。
ALOHAもとっても良かったし、
現時点で2008年のライブで一番楽しかったかも!!
蛇足。
サマソニのトリにするつもりだったAlbert Hammond Jr.、
サマソニ単独共にキャンセルですって!!
T.B.Aって誰呼ぶの?!
ストロークスだったらウケるが。

“Ready For You”Japan Tour 2008 JANET KLEIN & HER PARLOR BOYS」への2件のフィードバック

  1. 飛溺

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    フジロックから帰宅して怒涛の日々だけど、
    この日ばかりは色んなもんを投げ出して
    福岡に行っちゃおうかと本気で思った。笑
    ライヴレポまじでまじでアガった!ありがと!
    でさー、フジロックでオレが観たまんまの感想じゃないか!笑
    日本が大好きなことホントよく感じるよねー。
    そうそう、両想いっていうのがピッタリ。
    林家パー子と篠原ともえについては同意されないかも
    と思ってたけど分かっていただけたようで。笑
    お花畑みたいな娘と、お花畑みたいな髭ボーカルと、
    このエントリーを読んでそんな組み合わせを妄想してもーた。笑
    ALOHA、視聴したらなかなか良いねー、好きやわ。
    「おそうじオバチャン」をセレクトするってだけで信用できる。笑
    「かわいいフリルのついたやつ」ってのをきゃっわゆいカンジで
    唄ってくれたかどうか気になるー。(ここ大事だから。笑)

  2. CH

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ライブ終盤になってくるといい感じに酔いも回って、
    踊りだすカップルもいたしねー、ホントにいい雰囲気だったよー。
    ジャネット嬢の前世はきっと日本人だと思った(笑)
    歌ってないときも動きっぱなしで落ち着きねーななんて苦笑いだったけど、
    歌いだすと、お花みたいながらも
    びしっと芯が通った歌い手さんの顔になるのに感動したよ。
    次の来日でもまた福岡に来て欲しいなー。
    そんでもって、ALOHAだ。
    「おそうじオバチャン」の例のとこ、可愛かった♪
    つーかこのVo.の西尾さんって元々可愛い雰囲気なのだ。
    大阪にも対バンで時々行ってるみたいだぜ、その際はぜひ。。。

コメントは停止中です。