その死は何のためだったのか

壮絶なまでの美学とナルシシズムに裏打ちされた自殺は、
自らの美学を保守しながら存在し続けるための、最終的選択。
芥川龍之介の遺書が見つかる
このサイトの記事には書かれていませんが、
今朝僕が読んだ新聞記事ではもう少し詳しく書かれていました。
「若しこの人生の戦ひに破れし時には汝等の父の如く自殺せよ。
但し汝等の父の如く 他に不幸を及ぼすを避けよ」
とも書かれていたそうです。
気高くありたいものです。
生きるにしろ、死ぬにしろ、殺すにしろ、殺されるにしろ。