皇帝の楽団

まず、拍手レス
>オパさん
あの店、気に入ってもらえてよかった~。
仕事仲間連れてとは、相当だね(笑)
「善き人のためのソナタ」オパさんも観てたんだね。
ヴィースラーの変化と、それに対するヴィースラー自身の戸惑いと、
社会情勢との板挟みでスリリングだったけど、
人間って、個人個人ならば本当の悪人になれないんだと思ったよ。
本屋のシーンはねー、もうボロボロだったさ。
しばらく映画館出られなかったよ、涙とクマで(苦笑)
>ひでっち
詳しい話はまた今度・・・って話が増えていくばかりだ(笑)
あの映画、最後の最後で突然号泣したって感じだったわ。
それまでは淡々と観てたんだけどねぇ。
本当に映画史に残る名演、名シーンだと思うよ。
しかしあのシーンがあれほど感動したのは、
その前にドライマンが、ヴィースラーを道で発見したときに、
とった行動(というか、何というか)があったからこそかもなぁと思うんだ。
で、今日は音楽ネタ。
まだKaizersのアルバムの感想をちゃんと書いてないというか、
このバンド、ものすごく語りたくなるんですよねぇ(笑)
まず古い方、「Ompa til du dør」
You Tubeのライブ動画でも観かける、知った曲が多く収録。
この人たちの曲はKentみたいに洗練されてなくて、
なんか音楽のツボを外してるみたいなんですけど、
別の急所を教えてくれるような、不意を突かれる音楽です。
STOMPみたいだよねー、Kaizersの方が緩いけど。
で、新作の「Maskineri」
最初聴いた時、意外にもバラードやテンション低めの曲が多くて、
皇帝お抱えの楽団ってストレスたまるのかねなんて思ったのですが、
よく聴くと、そんなにテンション低くないどころか、
ジャングルの鳥獣の声みたいなのが入ってるし。
逆に「Maestro」を聴いた時には、このバンド、バラード弱いなと思ったのが、
印象変わりました。
Vo.のヤン、しっとり歌うと非常に雰囲気があっていいシンガーです。
幅広いなー、この人、ソロではとってもポップだし。
10曲目の「Med En Gang Eg Når Bånn」なんか泣けちゃうよ。
HMVにもう1枚、「Evig Pint」ってのを頼んでいたのですが、
在庫切れでなかなかそろわず、Amazonのマーケットプレイスを利用しました。
もうこうなったら全部揃えたる!
調子がいい時って、映画も音楽もいいのが当たるし、
人にもよく会うし、いいことがどんどん連鎖するんですよねぇ。
Van Sheは「Kelly」がものすごっく好きだーーー!
ネット始めた頃、もうかなり前に使ってたHNがこれやったなぁと、
ちょっと懐かしくなりました。