本日のCDレビュ~

昨日と今日で、結構な数の音源を入手。
・I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You/Black Kids
・Wizard of Ahhhs/Black Kids
・Histoire d’un amour/Dalida
・Maskineri/Kaizers Orchestra
・Ompa til du dør/Kaizers Orchestra
・Dystopia/Midnight Juggernauts
・Van She/Van She
しばらくこのブログネタなかったですけどねー。
Midnight JuggernautsとKaizers以外はすべて頂き物です。
まずBlack KidsはCajun Dance Partyと同じく、
バーナード バトラーのプロデュースっちゅーことで注目のバンド。
でも僕的にはCajunよりも当たり。
この感じでフルアルバムも作ってくれると嬉しい。
そして、Van SheAnarchy in the YOU GAY!ブログにて
以前DJ飛溺によって紹介されていたオーストラリアのバンド。
この記事はアナゲイの前だったので、
会ったときにVan Sheいいじゃんって言おう言おうと思って今に至った(笑)
オーストラリアは僕の好きなArt Of FightingやSodastreamを生みました。
結構ツボにピタッとはまるバンドが多い国です。
で、Midnight Juggernautsもオーストラリア。
このバンドは先日も書きましたが、アナゲイVol.2のミックスCD収録曲で、
浮遊するテクノロックとでも言うんでしょうか。
こういう音楽、好きだったかなぁと思うけど、確かに好きなのね。
アナゲイの影響甚大ですね。
Black KidsやVan Sheとはずいぶん趣が異なりますが(笑)
2008年もっとも衝撃の出会いになること確定の
ノーリェバンド、Kaizers Orchestraの「Ompa til du dør」と、新譜「Maskineri」。
「Ompa til du dør」がすごくいいです。
このアルバム、僕が持ってるKaizersのアルバムの中で一番好きです。
っていうか、このバンド、やっぱり変、おかしいよ!(←ものすごい誉めてる)
見た目ギャングなのに、音は大道芸かサーカスって(笑)
ただVo.のヤンは一般受けしそうな男前です、大好き。
そして頂いたCD、Dalidaです。
カンツォーネの有名な曲(フランス語Ver.)が多く入っている、
5枚組のベストアルバムの1枚目なんですって。
ジプシーキングスでおなじみの「Volare」も収録されています。
「Come Prima」は名曲です、大好きです。
「Itsi Bitsi Petit Bikini」って曲があって、あれもしかしてと思ったら案の定、
「ビキニスタイルのお嬢さん」のフランス語Ver.です。
これカワイイわーーー♪ 好き(笑)
オリジナルのアメリカンポップスより、やや暗めな感は否めないけど(笑)
僕のブログでは、US、UKがマイノリティになりつつあります。