劇団SAKURA前戦「まほろば物語」

福岡の地元の劇団、劇団SAKURA前戦の「まほろば物語」を観て来ました。
SAKU前のお芝居を見始めて、もう結構なりますし、
お得意様特別講演も含め、殆どの演目を観させて頂いていますが、
なぜかそのときに観た演目と、
自分の精神状態とか、自分を取り巻く状況が似ていることが多くて、
今回もそれを感じました。
何だろうなぁ、やっぱり運命的出会いだったんだろうなぁ。


都会から離れた古びた廃棄工場に
生きる価値を見失って死にに来た人々、
死んで間もない父親の残したデッサンに描かれていた女性を探しに来た男、
その廃棄工場に住む「コハク」「ミカゲ」「メノウ」「スズ」という
石の名前を持つ4人の「王の騎士」たち。
その「王の騎士」たちが長い間、帰りを待っている、
持っていると何でも願いがかなうという青い石を探しに行った王を巡るお話。
結構SAKU前の検索でここに辿り着く方が多いし、
まだ来週も2日間公演が残っているので、あまり詳しくは書きませんが、
泣いた、持っていったハンドタオルびっちょりなりました(笑)
自分だけかと思ったら、周りも泣いてたし。
「青い石を探しに行く」と言っていなくなった王の
真実を唯一知っているのが伊緒里 優子さん演ずる「コハク」なのですが、
コハクが真実をぶちまけるシーンの伊緒里さんの迫力が素晴らしかったです。
で、勝手にお知らせ。
劇団SAKURA前戦は韓国やベルギー、モナコなど海外公演は多いのですが、
福岡県外での国内公演はまだなかったのです、衝撃(笑)
しかしこのたび、9月に東京公演が決定したそうです!!
はい、詳細。
第20回池袋演劇祭参加作品
劇団SAKURA前戦「まほろば物語」
9月12日(金)~9月16日(火) 池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER
前売開始7月1日 \3,500(前売、当日)

東京在住の皆さん、行ってください。
連休あるから僕も行こうかなんて思ってたりして(笑)
劇団の人もビックリだよねー。
公演終わってお客さんに挨拶してたら、いつも福岡での公演に来てる人がいたら(笑)