あなたのとりこ

Dalidaを聴いて以来、
シャンソン、カンツォーネブーム再来なんですけど、
便利な世の中になりましたよねぇ。
ネットでつべ探せば色んな動画がごそっと出て来ます。
これは新鮮、可愛い~。
「La pioggia」 フランス ギャルVer.

これも新鮮。
「Irresistiblement」 シルヴィ ヴァルタン(イタリア語Ver.)
シルヴィの前歯のすきっぱがちょっと気になるけど(笑)

「カンツォーネ メドレー」 Dalida

1960、70年代のイタリア、フランスの歌手は、
自分の歌を別の国の言語で歌ったり、
カンツォーネやシャンソン、フレンチポップスをその曲のオリジナルの言語で歌ったり、
色々やってるんですよねぇ。
それも意外とイタリア語でもフランス語でも合うのが面白い。
そしてまた、上手なんですよねぇ。