Dream On Your Left, Dead On Your Right

先日の日記に書いた、X JAPANファンの韓国人のお陰で、
毎日仕事中にX JAPANが聴けるという幸せな環境です。
しばらく鬱屈とした日々を過ごして、
実を言うと体調まで崩しているにも関わらず、
怪しすぎる英語と韓国語と日本語とで、
X JAPANの話したり、曲聴いたり、歌ったりしてたら、
何となく元気になってきた気がします。
全くどんだけインターナショナルな環境なんでしょうねぇ。
まさかこんな所で英語が役立つとは思わなかったです(笑)
でも彼の日本語が上達しているにもかかわらず、
僕の場合は英語とハングル語が上達するより、
日本語がどんどん怪しくなる気がしますけど、
それはどうか気のせいであって欲しいね。
初めて会ったとき彼は挨拶も出来なかったんですが、
「おはようございます」とか「ありがとう」とか言うようになってきました。
この数日つくづく思うけども、
生まれ育った環境が違うとか、宗教や国籍が違うとか、性別が違うとか、
あと母国語が違って言葉によるコミュニケーションが不十分でも、
人と仲良くなるのに必要なのって、
そんな技術的なこととか環境的なことよりも、
好きな音楽が同じだったりすることなんだろうなと思います。
スポーツは勝ち負けが出て来るので、
国同士じゃなくても争いが生じる事がありますが(苦笑)、
音楽が繋ぐ物ってのは、国境だけじゃないと信じてるよ。