燃え尽きた。

インザーギのゴールでミランが勝つと、
他の誰が点を取って勝つより僕のテンションが上がるのは
相変わらずなようです。
世界一掛かってました。
前回のリベンジでした。
でも何より!
前回のTOYOTA CUPでは途中出場、
幻のゴール(どっから観てもオフサイド)もあった。
そんなピッポが決勝でスタメン。
1TOPだったのはやや心配ではあったけど、
もうそれだけで沸点越えて泣き出す僕です。
ピッポがドッピエッタでミランが勝ったことが
実は何より嬉しいんだ!
蓋を開けてみたら、
ピッポ、サンドロ、カカ坊、ピッポで4点。
またサンドロが点取ったってのもやたら嬉しいんだけども、
この大舞台でドッピエッタやっちゃったんですよ、
我らがピッポ!
しかも3点目のカカ坊の得点、
あれ相手GKがすごく困ったと思うんですよね。
なぜならあのシュート、弾けないこともなかったけど、
変な方向に飛んだら、こぼれ球狙ってすぐそこまで来てる
インザーギの姿、これはああああ?!と思ってたら、
ゴール隅にボールがぼてぼてと入ったように、
僕にはそんな風に見えた!
今日はピルロが苦手なDFを頑張ってました。
サンドロのDFも冴えてた、ポジショニングが一々最高!
がっつあんもレッズ戦のときより切れてた。
パオロさまスタメン出場で気合の左SB。
アンブロも安定感抜群。
カカ坊はキレキレでファウルでしか止められないし、
セーは王者の風格、攻めに守りになんでもやる!
レッズ戦に比べてどんどん前線にボールが行って、
ピッポとカカ坊が惜しみなく動くでしょ。
そりゃあ4点くらい取れるっつー話です。
攻撃モードにしっかりスイッチ入ったミラン観たの久々。
痛快です。
ボカの1点目のいかにも気が抜けたDFの甘さには引いたけど、
勝ったから良いよ!
そして後半も終了に近づいて投入されたカフー。
後半終了間際、10人対10人になって
得点はやーな感じの4-2。
こんなときに交代で投入されるカフーの役割ってのは
DF固めではなく、
突き放しに掛かろうってことで、攻撃人員の増員です。
みんなに疲れが出て来てだれかかって来たときに、
カフーの鬼のような右サイドの上がり。
実際にプレーしてるミランの選手にしてみたら、
もう無理だろって思うくらいの気合ですね。
試合終了間際のカフー投入、あれはきっとネタ(爆)。
ピッポが大活躍したおかげで
何か色んな回路が脳内で切れたらしく、
気がついたらポケットティッシュ1袋使い切るほど泣いてました。
明日はきっと目が腫れてます。
疲れた、声出ません。
涙も枯れたし、
しばらく抜け殻だと思います。
遅れましたが、
ミラン、世界一おめでとう!
それとレッズも3位おめでとう!
断酒、解禁。
あ、あと試合終了後にミラン世界一の号外が出たそうです。
僕がTOYOTA CUPに行ったときも号外は出たんですよ。
「どーせボカ世界一だろ、けっ」
なんて思いながら一応もらって、
ホテルでびりびり破って憂さ晴らしでもするかと思ったら、
「フセイン、逮捕」
の号外だったことも
一生忘れられませんよ。
「興味ねーよ!!!」
ってひっくり返ったよ、あの時は。