MUSIC CITY TENJIN 2nd DAYレポ

はいはい、行ってきましたよ、MCT!
昼間のフリーライブだけですけどね。
まずはメインステージの時間割を確認して、
観たいバンドどころか、開場まで時間があったので、
MCTのフリーペーパーだけGETして早めのお昼ご飯。
出演アーティストをチェックしていたら、
全然知らなかったんですけど、
中山うりさんというアーティストさんが良さそうな雰囲気。
メインステージの順番は、
SKUNK SHOT BOOSTER
      ↓
    中山うり
      ↓
    スムルース
      ↓
  FUZZY CONTROL
      ↓
   GO!GO!7188
となっているので、中山うりさんまで別のステージへ。
移動の途中ソラリアプラザで
いつも髭ちゃんのライブで一緒になるがんちゃんに遭遇。
12月の髭ちゃん行きますかとかしばし雑談。
小さいステージが2つある警固公園で、
ケイスとNATIONAL RADIO STATIONをチラ観。
ケイスは2人のアコースティックデュオ。
NATIONAL RADIO STATION(略してNRS)はレゲエ集団。
NRSは2曲くらいしか観なかったけど面白かったです。
福岡の方言とか地名連呼して、ローカルで笑えた。
そして福岡市庁舎前広場のメインステージへ移動。
そのときにSKUNK SHOT BOOSTERが
最後の曲を演奏していたのですが、
何、このバンド、かっこよくね?!
あー、最初から観とけば良かったぜ、ちくしょう。
Voさんはきっと、踊りに行くの好きな人です。
佐賀のバンドなんですってよ。
佐賀って意外と良いバンドが潜んでますか、もしかして。
他に何もないけ(以下略)
○中山うり
直前予習で名前を憶えた、中山うりさん。
ショートヘアで右側に真っ赤な大きなお花をつけて登場。
手にはアコーディオン。
ジャジーな雰囲気で好きです。
EGO-WRAPPIN’とかUAの声を思い出します。
フジロックの奥地のステージとか、
サマソニ東京のビーチステージだったら気持ち良さそう。
ビルの谷間でも十分気持ちよくて、半分寝そうでした(笑)
○スムルース
バンド名くらいは知っていたバンド。
関西なんですねー。
Vo.の人がストライプのシャツに黒地に黄色の水玉模様のネクタイ、
ピンクのジーンズで登場。
ギターは山吹色です、ビジュアルからしてポップです。
MCも面白いし、演奏もなかなか。
しっかりオーディエンスの心掴んでましたね。
えらくMCTとか福岡への感謝とか愛を語ってくれて(笑)
この気持ちをボードに書く!とか言い出したVo.
カタカナで「オンガク」と書いたのですが、
       オ
       ン
     ガ
      ク
こんな感じだったかな。
これにごちゃごちゃ線を書き足してるから、
この人何やっとんのだと思って観てたらビックリ。
ボードをくるっと上下逆さまにしたと思ったら、
漢字で「愛」って字になってるの。
オーディエンスから歓声沸き起こる。
バンドの印象、とにかく濃いバンドだった、面白かった。
○FUZZY CONTROL
男性2人、女性1人(ドラム)のバンドなのですが、
なぜか男性陣が上半身裸(笑)
骨太なロック、つーかパンク、縦ノリで結構はまる。
途中ドラマーの彼女が
「ファジコンで一番売れた曲を演る。これ聴いたらきっと
ファジコンってこのバンドかーと思うはず」
そのファジコン最大のヒット曲がなぜか
BODY & SOUL
もちろんSPEED。
説明するまでもなく、あの解散した女の子4人組の。
ドラムの女の子がVo取ってたけど、やけに上手い。
笑えたのはサビのところの
♪ぼーでぃあんそーる♪
のところを、
ベース担当で坊主頭かと思ったら、
ちっちゃいポニーテールの人が歌うんですが。
なぜかデスボイス
オーディエンス、うける。
体育会系で楽しかったです。
あんまりこういうバンドのライブ観ないけど、
時には良いし、このバンド良かった。
MCも面白かったです。
○GO!GO!7188
「浮舟」が好きで、それだけで観たかったバンドです。
なんですけど、大和撫子ロック。
林檎ちゃん(東京事変)辺りに近い、好きなタイプのバンド。
Vo.の中島さんの声が地声裏声が変幻自在。
ノリノリで観てると、背後から誰かに声をかけられました。
ハッと観ると、もう何ヶ月もお会いしてなかった、
hooplaのマダムです。
うわー、ひっさしぶりですねーと曲の合間にお話しながら、並んで鑑賞。
そして斜め前にこのブログでもお友達している、
Hot Hot Eatさん(名前変わってる/笑)を発見。
ライブ終わったら捕まえに行こうと思っていたら、
途中で見失ってしまいました、あう。
「浮舟」なかなか演奏しないなー、ないのかなと思ったら、
アンコールでやってくれました。
カッコいいーーー!
本当にこの歌大好き!
日本の民謡をロックにアレンジしたような音。
日本って良い!と思わせてくれる曲です。
そうなんですよ。
この頃日本のバンドがとってもよく聴こえてきたんですよ。
まだ洋楽聴き始めた頃は全然そんなこと思わなかったけど、
この頃です、本当に。
日本語の歌詞で気が散るという難点もあるけども、
海外アーティストに見離されてる
福岡のロックファンの傾向?(違)
しかし前のママラグを観る為に参戦したときと同じ場所でしたが、
寒さもあの時ほどではなく、
もちろん防寒もしっかりして行きましたが、
今年は最後まで観られて良かったです。
もうちょっと暗くなるまでやってたら、多分凍えてた。
無料であれだけのライブが観られるって
滅多にありませんよ。
来年が楽しみです、また絶対行きます。

MUSIC CITY TENJIN 2nd DAYレポ」への2件のフィードバック

  1. Do Not Eat(Hot Hot Eat)

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    名前使わせて頂きました、マイスペと被ってたので(笑)
    SKUNK SHOT BOOSTER、自分も最後の曲の時に到着しました。
    ノリノリでしたよねー!
    FUZZY CONTROL、そんな面白いことがあったんですが…
    悔しいぃ…ぃ。
    中山うり、スムルース、GO!GO!7188どれもよかったですが
    特にスムルースの”オンガク”から”愛”へとかわったのは感動しましたよね。
    あ~楽しかった。
    無料なんてとんでもないことやってくれますね福岡天神♪
    海外アーテの来日情報がない。っていう不安なんてスッカリぶっ飛んでいきました

  2. かおりぃ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Hot Hot Eatって音的に違和感ないですよね(笑)
    SKUNK SHOT BOOSTERはノーマークでしたぁ。
    警固公園で「NRS!」なんて
    便乗して騒いでる場合じゃなかった(凹)
    ていうか、殆ど同時に観始めて、
    実はすぐ近くにいたんじゃないですか、中山うりあたり。
    スムルースはそこまで期待して観てたわけでもなかったけど、
    がっちりハート捕まれちゃいましたよ。
    「オンガク」→「愛」は極め付けでした。
    FUZZY CONTROLのSPEEDはかなりの腕前でした。
    ドラムの子の声がHiroみたいだったし。
    何よりあのデスボイスがw
    あの辺観られなかったんだ、残念でしたねぇ。
    こそっと動画でも撮っといたら良かったな。。。
    あれだけのアーティスト観られたら、
    普通5,000円は下らないと思いますよ。
    メインステージの面子は割りと名前通ってる人たちばっかだし。
    いつかMCTに海外のアーティストが出たり
    する日が来ないかなーと小さな期待をしております。
    ついでに単独公演とか。

コメントは停止中です。