YETI@KIETH FLACK

YETIのライブに行ってきました。
会場はKIETH FLACKという、
福岡でBRITISH PAVILIONというイベントが開催される会場です。
収容人数どれくらいだろう、300人くらい?
初めて行く場所なので偵察に行ってみたら、
よくライブに行くドラムロゴスの裏側にある、
サイケデリックな建物でした。
前から何なんだろうと気になって仕方なかった建物でした。
入場時にフライヤーとサンプラーのCDを渡されました。
このサンプラーCDに関しては後ほど詳しく。
このCDがかなりあがったんですよー(笑)
ライブまでの待ち時間、セットチェンジの時間はDJタイム。
ステージと向かい合わせにDJブースがあって、
後ろ向いて踊ってる人多し。
こういう形式のライブ初めてでした。
で、YETIの前に地元のバンドが4つ登場。
それぞれ感想。
バンドがね、全部客席(席って言わないか)から出て来るんです。
YETIも例外ではなく。
podo
熊本から来た男性2人、女性1人のバンド。
マッドサイエンティスト的風貌で、
男性2人はクロックスのサンダル履きです。
アフロの手前みたいなヘアスタイルのVo.氏が
MCもパフォーマンスもテンション高くて笑いました。
「バイトも休んできました、高速料金も払いました、
いろんな物を犠牲にしてきました、皆さんもそうでしょう。
だからもっと前に来なさ~い」
ってまだまだゆったり観てる観客を煽ってます。
MCがいかにもインディーズっぽくて面白かったです。
最後の曲で、それまで淡々と眉毛1つ動かさずに
ウッドベースを弾いていた女の子が冒頭で声を披露。
空気に溶け込むような柔らかい声で心地よかったです。
ライブが楽しいバンドでした。
10月のMUSIC CITY TENJINにも来るらしいので、
時間があれば観に行ってみようかと思います。
undisco
地元福岡の4人編成バンド。
イケメン揃いでジャニーズ事務所でデビューとか言う紹介が、
本当か嘘か分かりませんが(笑)
確かに男前揃いです。
でもイケメン興味ない~。
イケメンとかよりもギターリフがかっこいいバンドでした。
機材とメンバーが4人ステージに立つと一杯になるくらいの
せっまいステージで、
ビジュアルより男前で、ロックンロールな
ギターパフォーマンス見せてもらいました。
The Cigavettes
会場へ向かう前にHMV天神へ行きまして、
YETIの隣に並べられ、試聴できたのでした。
うん、これはなかなか良い。
The Whoの「My Generation」でノリノリで登場。
CDで聴くよりも、
「Oasisとかビートルズを好きなんだろうなー」と思いました。
とてもファンが多いバンドらしく、
自分と連れの友人の周囲は興奮して酔っ払って、
訳分かんなくなってる女の子が数人。
良いバンドだと思ったんですが、
隣にいた小柄な女性が前で踊り狂ってる男性の後ろで
あまりステージが見えなかったのか、
ちょっと詰まらなそうな感じだったのが気になって、
最後の方はちょっと集中できなかったです。
もうちょっとスペースがあれば、
場所譲って差し上げたかったんだけどなぁ。
・視力悪い
・身長低い
・体力ない
はライブでは大変です。
はい、ボクのことですけど。
The Vinyl
福岡のパンクシーンを牽引するバンド。
パンクシーンには疎い僕ですら知っているのですから、
その知名度は相当だと思います。
「受け付けない人は帰って」みたいなMC、
パンクです。
でもYETI観なきゃいけないから無理です。
ようやく真打ち登場です。
ここまでですでに書き疲れた感満載です。
YETI
アルバム未収録の曲なんかも多く演奏してくれました。
そういえばmyspaceで一番最初に聴いて、
YETIに惚れた曲、Obviouslyって、「YUME!」に収録されてなかった。
昨日気付きました、最強に遅いです。
そのObviouslyでYETIライブ幕開けです。
Libertines時代にもステージ上で淡々とベースを弾いていたジョン、
いつものことかなと思っていたら、
体調が良くなかったそうです。
そのためアンコールはなしだったのですが、
長旅でお疲れなんだろうし、本当にありがとうですよ。
3人のハーモニーが綺麗で、
疲れた体にじわっと染み込んで来ました。
良いバンドだなぁ。
Vo.のマークの顔がちょっとブレット似だったのに萌えた(笑)
客の入りもピークで、でも割と和やかムードで進んでたのですが、
「Keep Pushin’ On」で前方将棋倒し寸前。
ステージ袖で張っていた結構体格の良い男性スタッフ陣が
体張ってバリケードになってました。
お疲れ様でした、スタッフの皆様。
疲れたけども、楽しい夜でございました。
サポートバンドも良かったし。
で、日記の初めの方に書きました、
頂いたサンプラーCDです。
YETIの日本のレコード会社で、
僕が東京に行くと必ず足を運ぶ下北沢のレコード屋、
Vinyl Junkieさんの所属アーティストの曲が盛りだくさんのサンプラー。
曲名観ただけでものすごいあがりました!
1.Chickadee/Jack Afro
2.Sake Of Your Sympathy/Boy Called Roy
3.Not What It Used To Be/Fury Of The Headteachers
4.Voltage/The Invention
5.Stand Up/Neils Children
6.Get Your Mood On/Dustin’s Bar Mitzvah
7.Backfire At The Disco/The Wombats
8.London’s Alright/The Tacticians
9.High And Low On You/THE UNCONDITIONALS
10.Monday Tuesday (WTF)/Fake Shark-Real Zombie!
11.Why Can’t I Be You/Shed Seven
12.Pretend To Be Here/Pia Fraus
13.Photograph It/Alamos
14.Love/Sunshine
15.Hologram/Iko
16.Wallet/Puffer/Smokes/Keys/The Cops
17.The Salvation Army/Cool Kids Of Death
18.Celeste /Rocks
19.Why Can’t You Be Normal All The Time/Ginger
20.Girls On Fire/CJ & The Satellites
21.We’re In The Army Baby/The God Damn Whores
22.Dress Code Violence/Zen Motel
こんな感じです。
Jack Afro、The Invention、The Whombats、
The Unconditionals、Pia Fraus、Iko、The Rocks辺りは、
前から気になっていました。
特にPia FrausはCDほしいんですよね。
あと元Buffseedsのメンバーの新バンド、IKOも気になります。
Vinyl Junkie所属アーティストでもう1つ気になるのが、
このサンプラーには入ってなかったけど、FLAMINGO CRASH。
いつか買ってやろうと思っています。
こんな感じで、
YETIライブレポ終了です。