anarchy in the YOU GAY!遠征(本編)

東京からの遠征組と運良く合流できた後、
まずは会場へ。
まだ誰もいないということで、
外で待っていると、
東京遠征組のDJ、OPAさんと、
北海道のnori-technicsさん、大阪の飛溺さん勢ぞろい。
先に会場に入っていてもいいとのことで、
ちゃっかりDJじゃないけど会場入りしちゃいました。
大音量で流れるBeatlesのTAXMANとかLOCKSLEYで
うきうきなりながら配布用のミックスCDとフリーペーパー、
フライヤーの準備のお手伝い。
ちょこーっとだけですが、イベントのお手伝いができまして、
嬉しいひと時でした。
この後の流れなんかを、文章で書いてみたところで、
臨場感も何もないなぁと思いまして、
それは自分の文章力の足りなさに尽きるのです、
が、
ダンシングオールナイトな御仁や、
素敵なキルトを召した御仁、
外国の方数人、もう大盛り上がりでしたね、すごかった。
ノートに書き残してたのが、ものすごいウケタ。
途中から現れた、
闇の中だとU-20に見えた小柄な女の子が
すごい踊ってるよーと思ったら、
突然座り込んだり、Beastie Boysでむくっと起き上がったり。
お店のスタッフのモヒカンのおにーさんが、
かなり真剣に踊ってたのも印象的だったなぁ。
カウンターの中でもノリノリで(笑)
とにかく何て言いますかね、
・・・みんな、濃かった(笑)
福岡から遠征していった自分は、
多分人のこと言えない。
現在ヘビロテ中のLocksleyで踊り狂うとか、
MUSEの「Starlight」の手拍子は相変わらず難しかったり、
Stone Rosesの「Elephant Stone」がとっても気持ちよかったり、
安室ちゃんの「Hide & Seek」はロックイベントでかかっても
当たり前ってほどカッコいい!
キダ タローの「2時のワイドショー」で、
思わず会場にいる人たちの顔を見回しちゃったら、
何かクラブイベントではあり得ないような、
不思議すぎる面白い空気が漂ってたり、
そうそう、エディ リーダーは、やばいね!
意外とまったり出来ないんだな!
さらに、
大阪ストラット、いや、ホントに参った。
「アナゲイもあんでー!」
大阪、サイコーやーっ!
アナゲイ、もっとサイコー!!
そしてまだ続くよ。
福岡に帰って来て明らかに声が出てなかったのは、
Johnの「Power To The People」で
絶叫してたせいだろうなと思って1人照れ笑いしてみたり、
Tim Deluxe / It Just Won’t Do
The Chemical Brothers / Star Guitar
Space Cowboy / I Would Die 4 U
Madonna / Hung Up
Scissor Sisters / I Don’t Feel Like Dancin’
Mika / Grace Kelly
Peter Bjorn And John / Young Folks
Primal Scream / Country Girl
Primal Scream / Rocks
この流れ、相当きましたね。
冗談抜きで、死ぬかと思ったよ(笑)
でも音楽で踊り狂いながら、
あの空間でそのままバタッと死んでも悔いなし!
むしろ本望!
OPAさんの最後のセットでかかったDaft Punkは
何かちょっとなきそうだったよ。
Daft Punkってなぜか涙腺ゆるくなるし、
One More Timeって言うか、
One More Setって言うか、
One More Nightって言うか、
One Moreとかケチくさいこと言わずに、
エンドレスでやってくれっていうか、
もうそんな気分でした。
最後は本家本元Sex Pistolsの「Anarchy In The UK」と、
ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」
放心状態で座り込んでいたら、
外がもう明るくなっていました。
本当にアナゲイに行くって決めてから、
会場に来るまで、ものすごく長かった気がしたのに、
実際に始まっちゃったら、あっという間です。
本当に6時間って、仕事してたらとっても長いのに、
あっという間に終わっちゃいました。
このまま帰るのかー、やだなー、
どうしようかなーと思っていたら、
その場に残っていた12人で朝ごはんを食べようという計画浮上。
それいい、最高。
ランチとか晩御飯より、
一緒に楽しんだ人たちと食べるご飯は朝食がいい!
ソファで寝そべったままだった、
その夜最もアナーキーだったお嬢さんを起こして、
近くのカフェに12人の大所帯で移動。
このカフェで3時間くらい過ごしたんですね。
ところどころ意識なかったところとかもあるけど(笑)
もう新幹線の時間だし、
そろそろと遠征組が帰ろうかなとしたところへ、
もう1つのサプライズ。
DJの飛溺さんがお誕生日が近いということで、
一晩中踊っていた御仁が
こっそりお店の人にケーキを渡してあって、
お店にHappy Birthdayが流れはじめました。
この素敵なサプライズには、
新幹線に間に合わなかったら、
ついでに大阪に住むかと思ったほどでした。
はい、さすがに寝不足でちょっと頭おかしかったです。
最初から最後まで、
誰になんて言われようと、
「大阪まで来て良かったなー」と感じられました。
皆さんとお別れして帰るのは、
後ろ髪を引かれる思いでした。
不思議なことに、
こういう楽しい時間には、
気力と体力が反比例するんですよね。
新幹線まで15分くらい時間がありましたが、
イベントでかかった曲をiPodで聴きながら、
へらへらしてました。
本当に大阪まで出て行ってよかった。
なんて書くと、「終わっちゃったなぁ」としんみりするので、
Vol.03のことを考えましょう。
連休か土曜日の夜なら必ず行きますので。
土曜日の夜からオールナイトだったら、仕事はけてから、
新幹線で大阪まで行って、
日曜日の朝帰るような予定組みますし!(笑)
自分の都合ばっかり言う、やな客でスンマセン。
そんなこんなで1日へらへら過ごしたわけですが、
まず今日はブレットさまのシングル、
「Back To You」を受け取りにHMV天神まで行かなければならない。
・・・カップリングが不満。
絶対山ほど良い曲書き溜めてんでしょー。
出し惜しみしないでよー。
とか言いつつ買ったんですけどね。
ただブレット、ソロ1枚目にして、
もうソロに飽きてきてるような気がします。
近いうちにバーニーとTears、あるいは、
Suede復活なんてこともあるかも。
サマソニにマット オズマン連れて来たら、
割と現実味がありそうじゃないでしょうか。
あ、いつもの妄想癖が・・・。
ついでにMikaも購入。
迷ってたんですが、アナゲイでnori-technicsさんがかけてくれた
「Grace Kelly」がやっぱり良かった!
あと気になること。
福岡に帰って来て、新潟の地震を知りました。
新幹線の電光掲示板ニュースでやってたかも知れないけど、
新幹線の中の記憶が何一つないのです。
その地震のニュース聞いて、
そう、さっきとあるブログでも書いてあるのを拝見したのですが、
フジロック・・・と最初に思いました。
不謹慎なのは分かってるんですけど、
やはりその場所に住んでいないと、
その場所に関係のあることを経由して、
被害状況とか現状が気にかかるんですよ。
とは言っても、行かないんですけどね、フジロックには。
行かない人間が心配してるのだから、
行く方はもっと心配されたんじゃなかろうかと。
無事に決行されると良いですね。
余震もあんまり酷いのがないと良いですね。
と、こんな感じで、
表ブログも再開です。
梅雨はまだ明けませんが、
ロックな夏はやって来てるようですし、
そうなればこのブログを凍結しっぱなしなんて、
どう考えても不可能ですからね~。