nuova cinema paradiso

ようやく観ました、「ニュー シネマ パラダイス」
しかしこのDVD、「完全オリジナル版」と銘打たれた、
非常に評判がよろしくない編集版だそうです。
後で調べると、
観ながら「このシーン、いらんだろ」と思っていた所が、
この編集版で付け加えられた箇所だとか。
やっぱり初回上映版ってのは、
端折ってあってもかなり巧く編集してあるんでしょうね。
しかしそれを差し引いても、
トトとアルフレードの絆だとか、
時間と共に変わっていく様々な光景や状況には、
じわりと来て・・・というか号泣しすぎて、
風邪なのか泣いたせいなのか分からないほど
頭痛くてグズグズなんですが。
かのエンニオ モリコーネによる音楽は、
悪質なまでに執拗で、美しくて泣かせてくれます。
アルフレードがトトに話した御伽噺。
兵士が王女様に恋をして、
その想いを伝えたら、王女様が、
「100日間バルコニーの下で待っていてくれたら
あなたのものになります」と言い、
ずっと待ち続けた兵士が99日目の夜にいなくなったってお話。
考えてしまいますねぇ。
最後の有名なキスシーン。
そんなに感動的なのかと思ったけど、
確かに感動でした。
泣きました。
そしてトトくんが可愛い。
ずる賢い悪ガキなんですが、とにかく可愛い。
一時期トトくんが好きで、
トルナトーレ監督の作品を色々観ました。
なのに「ニュー シネマ パラダイス」は観てないってのは、
いったいどういうことなのか分かりませんが。
この子、自分と年同じなんですね。
今、何してるんだろう。
一時期日本のCMにも出てましたよね。
「トーチソング トリロジー」
「うちへ帰ろう」
「めぐりあう時間たち」
「ニュー シネマ パラダイス」
「バグダッド カフェ」
目が腫れるまで泣いた映画TOP5。
最強です。
これ5本観たら、
翌日は仕事にいけません。