2006年を振り返る。

天中殺だと言われ、大人しくしていようと誓った2006年。
終わってみれば激動の1年でした。
そんな中でもいつもと同じように、
エンターテインメントな視点から2006年を振り返る企画。
<2006年よく聴いたCD>
“Vapen & Ammunition” by Kent
“Black Holes & Revelations” by Muse
“Sci-Fi Lullabies” by Suede
“PEANUTS FOREVER” by 髭HiGE
“In Motion” by Copeland
KentとSuedeは常連ですよ。
毎年毎年、よくもまぁ飽きもせず聴いてると思うよ、我ながら。
髭ちゃんに関しては、聴き始めて1か月にもならないけど、
12月後半は、本当に、実に、全くもって、よく聴いた。
<2006年印象的だったライブアクト>
Muse @ Summer Sonic 2006
Little Barrie @ Summer Sonic 2006
髭ちゃん @ VIVRE HOLE
心から楽しみにして参戦したライブは
去年なんかに比べると格段に減ったけど、
期待通り、もとい、期待以上のアクトでした。
ただ残念だったのはCopeland。
暑かったのかなぁ、やっぱりCDの方が良いなぁ。
<2006年に観た印象的な映画>
「戦場のアリア」
「かもめ食堂」
「カポーティ」
特筆すべきは「かもめ食堂」
何て食べ物やコーヒーが美味しそうな映画なんでしょう。
ワンカットのシーンが多いから落ち着いていて、
色彩のトーンも抑え気味かと思ったら、
要所要所でのヴィヴィッドな小道具。
心のあちこちに、この映画のシーンの断片が残っています。
「カポーティ」は良くも悪くも、観なくちゃいけなかった映画。
かなり観ていてつらい物があったけど、仕方ない。
<2006年読んだ本>
失われた時を求めて
2006年ってこの本で始まって、この本で終わります。
この本「しか」読んでないです。
しかもまだ読み終わりません。
今7冊目が終わる所です。
まだまだ先は長いような、でも残り3冊なんて、
恐らくあっという間です。
この本の1巻を読破するまでの期間を考えたら(笑)
<2006年よく行った飲食店>
hoopla @ 平尾
bar bero bero @ 今泉
てとて @ 藤崎
ごえん @ 店屋町
この4軒は本当によく行きました。
幾ら好きなお店でも、月1必ず行くなんてことは、
殆どないんですけどね。
特にhooplaとberoに行くと、
誰かしら知っている人がいる良さがあります。
来年も何度も何度もお邪魔すると思います。
こんなところです。
今年はエンターテインメントな面での激動と言うより、
プライベートでの激動が多かったですからね。
突然姿を消し、そしてすぐに姿を変えて戻って来たこのブログを、
読んでくださってる皆様、ありがとう。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
とか挨拶しといて、明日も書くんだろ、お前(笑)