セリエA第3節 ミランVSアスコリ

この試合、アスコリのGKがパリュウカじゃなかったら、
確実にミランが5点は取ってたと思いました。
パリュウカ、GKという息の長いポジションとは言え、
40歳で未だ現役、凄いですね。
だって94年のアメリカW杯で初めてアッズーリ観たとき、
パリュウカがGKだったんだもんね。
あれ何年前よ???
ショック受けるから計算しないけど。
そしてもう1人、あのときにアッズーリにいたのが、
家の「鉄人」パオロ マルディーニさまでございます。
まぁ、それは置いといて。
今シーズンのミラン、かなりやる気ですね。
いや、こんなにやってくれるとは思ってもみなかった。
3試合でマイナスポイント返上、新戦力も大活躍。
左SBで使われてるのヤンクロフスキは、
「なんでこれだけ使えるのに、
昨シーズン全然出てなかったの?!」って、
ちょっと腹立つくらい、精度の高いクロス上げまくり。
そしてこの第3節の唯一の得点者。
ピルロの上げたクロスが何より凄かったんですけど、
相手DFの背後に全速力でするっと回りこんでヘッド。
「忍者」って実況さんが言ってたけど、
一瞬何起きたか分かんなかったですよ。
ヤンも凄いけど、
ヤンが「全速力」で走ってDF交わしたところにクロスを出せる、
ピルロって一体なんでしょう。
足の甲で掬うようなパスだったよねぇ。
感動してイスごとひっくり返りそうでしたよ。
そして意外にいいのがシミッチ。
故障中のネスタに代わり、パオロさまとCB組んでるのですが、
・・・いいよね、この人って、
試合観ながら何度つぶやいたことか。
以前スカパー解説の粕谷秀樹さんが、
「クラブでも代表でも試合に出られないのに、
こいついいやつなんだろうなぁ」って言ってたのを思えてますが、
本当にそうだと思いました。
最終ライン右から
カフー、シミッチ、パオロさま、ヤン
これが妙に安定感があるんですね。
これでパオロさまが今シーズンで引退しても、
左SBもCBも、ちょっと安心できそうですね。
あとは右か。
グルキュフも切れてるし、
ピッポは今節得点こそなかったけど、
こいつが点取りそうという気配は相当なものですね。
後はボリエッロが活躍してくれれば、
僕的には言うこと無しです。
週末は第4節、来週はCLと試合が続きますが、
上手くターンオーバー駆使して、
1つずつ勝って行きましょう。
おう!